秋田地方気象台です

ホーム > 各種ご案内 > Q&A

 Q&A

冬の雷は珍しいのでしょうか?

 雷は、発達した積乱雲の中で発生します。地面近くの空気が暖かいとき、また、寒気のため上空の空気がとても冷たいとき、暖かい空気は軽く、冷たい空気は重いので、地面近くの空気が上空へ昇る流れができます。空気は上昇するにつれて次第に冷やされ、雲を作ります。この上空への流れが強いと、発達した積乱雲ができ、雷が発生するのです。

 秋田など、東北地方から北陸地方へかけての日本海側では珍しくない冬の雷ですが、世界的には、ほかではノルウェーの西海岸、北米の五大湖から東海岸くらいでしか見られない、珍しいもののようです。

 東北地方の気象官署での雷日数(平年値)を比較すると、福島、山形、盛岡など内陸では夏に多く、酒田(山形県)、秋田、深浦(青森県)など日本海側では冬に多いことがわかります。

 夏には、強い日差しで地面近くの空気が暖められて上昇流が起こり、大きな積乱雲ができます。暑い日の夕方などに、雷が鳴って短時間に強い雨が降ることがありますが、このような積乱雲から起こる現象です。気温の上がりやすい内陸で特に多いです。

 一方、冬は、夏のように地面近くの空気が強く暖められるわけではありません。しかし日本海は対馬暖流のため比較的暖かいので、上空に冬の強い寒気がやってくると上昇流が起こり、やはり雲が発達します。こうしてできた積乱雲から雪が降り、雷が鳴ります。積乱雲は強い北西風にのって日本海から入ってきますが、次第に弱まったり山にさえぎられたりして雷を起こすほどのエネルギーを太平洋側まで持続することはなかなかありません。そのため冬の雷は日本海側に多く、太平洋側ではほとんどないのです。