平成6年(1994年)三陸はるか沖地震(さんりくはるかおきじしん)

【概況】
 1994年(平成6年)12月28日21時19分、岩手県宮古市の東北東約170㎞でM7.6の地震が発生し、東北各地の震度は下図のとおりとなったほか、北海道から中部地方にかけての広い範囲で有感となった。
 仙台管区気象台は21時23分に東北地方の太平洋沿岸(4区)に「ツナミ」の津波警報、東北地方の日本海沿岸と陸奥湾(5区)に「ツナミチユウイ」の津波注意報を発表した。
 この地震により、津波は北海道から東北地方の太平洋沿岸で観測された。
 この地震は余震を伴った。最大余震は1995年1月7日07時37分にM7.2の地震が発生し、最大震度は5(八戸・盛岡・葛巻)であった。
 1995年1月20日24時までの余震回数は1,725回(岩手県葛巻町の地震計による)、うち有感地震は56回に達した。
 平成7年1月8日12時までの自治省消防庁(現:総務省消防庁)の調べによると、死者2名、負傷者692名、家屋の全壊38棟・半壊314棟・一部損壊5,252棟に達したほか、道路の損壊96カ所、港湾・漁港の被害74カ所など多方面にわたっている。また、ライフライン関係では、上水道の断水が4,200戸、停電が106,000戸におよんだほか、ガスの供給停止が1,500戸と大きな被害となった。地震発生時刻がほとんどの家庭で夕食時刻を外れていたため、火災は7件と少なかった。
 気象庁は、この地震を「平成6年(1994年)三陸はるか沖地震」と命名した。

[参考文献:地震・津波防災季報No.32〔1994年(平成6年)10月~12月〕、仙台管区気象台、津波予報業務実施報告、気象要覧]

震度分布図
[東北各地の震度]

震度6
八戸
震度5
青森、むつ、盛岡
震度4
比内町味噌内、市浦村太田(しうらむらおおだ:青森県)、天間林村天間舘(てんまばやしむらてんまだて:青森県)、大畑町大畑(おおはたまち:青森県)、宮古、大船渡、葛巻町葛巻(くずまきまち:岩手県)、大迫町大迫(おおはさままち:岩手県)
震度3
秋田、深浦、石巻、仙台、酒田、新庄、福島、小名浜
震度2
山形、白河、若松


震央 三陸沖
北緯  40.4度
東経 143.7度
深さ    0km
マグニチュード 7.6