潮位観測

  潮位の観測施設は父島二見港にあり、1975年(昭和50年)よりフース型(浮き式)検潮儀を使用して観測を開始しました。 現在は電波式検潮儀を使用しています。

父島検潮所(父島二見港)
検潮所

 

検潮儀センサー 電波式検潮儀
 検潮センサー部です。銀色の円錐の筒から、水面に向けて電波を送受信しています。 波や風の影響を防ぐため、検潮所内の井戸へ導いた海水に上から電波をあて、反射してきた時間を計測することで潮位を観測しています。

 

検潮装置変換部  父島検潮所で計測した潮位は、気象庁本庁へ直接送られています。

 


潮汐・津波観測の仕組み(気象庁HP)気象庁ホームページ