平成291月の気象経過


【概 要】
 大東島地方は、高気圧に覆われて晴れの日が多かった。 寒気の影響を受ける時期はあったものの、上旬や下旬後半は平年に比べ南からの暖かい空気が流れ込みやすく高温となったため、南大東村在所の平均気温は18.5℃と平年より高かった。 また、降水量は48.5mmで平年の約半分と少なかった。日照時間は139.9hで平年より多かった。
 

【上旬】
 高気圧に覆われて晴れの日が多かったが、7日から8日にかけて前線の影響で各地10.0mm以上の雨が降った。 平年に比べ南からの暖かい空気が流れ込みやすく高温となったため、南大東村在所の平均気温は19.6℃と平年より高かった。 南大東村在所の降水量は34.5mmと平年並で、日照時間は51.7hで平年より多かった。

【中旬】
 低気圧や前線、大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気の影響で曇りや雨の日が多かったが、高気圧に覆われて晴れの日もあった。 19日は前線の影響で雨が降り、北大東空港では日最大10分間降水量7.0mmを観測し、1月としての極値を更新した。 南大東村在所の平均気温は18.0℃と平年並で、日照時間も36.6hと平年並だった。 南大東村在所の降水量は14.0mmで平年より少なかった。

【下旬】
 高気圧に覆われて晴れの日が多かったが、気圧の谷や大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気の影響で曇りや雨の日もあった。 南大東村在所の平均気温は17.9℃で平年より高く、日照時間は51.6hと平年より多かった。 降水量は0.0mmで平年よりかなり少なかった。


※【単位】  降水量 mm:ミリ   気温 ℃:度    日照 h:時間 



※「解説用階級区分」は、「低い(少ない)」、「平年並」、「高い(多い)」の3 階級とし、それぞれの出現率を同じ割合(1 つの階級を33.3%)にします。また、低い(少ない)方または高い(多い)方から出現率10%の範囲を、それぞれ「かなり低い(少ない)」、「かなり高い(多い)」と表し、補足的に用います。なお、平年値との比較には「解説用階級区分値」を用いており、階級区分値を求めるための統計期間内の資料の分布に偏りがある場合は、平年値が階級区分の平年並に属さないことがあります。



【平均気温・降水量・日照時間の平年差(比)】

 

観測地点

気温
(℃)

平年差
(℃)

降水量
mm

平年比
(%)

日照時間
(h)

平年比
(%)

上旬

南大東村在所

19.6

+1.6

34.5

110

51.7

127

南大東空港

20.4

+2.2

46.5

257

観測なし

北大東空港

20.5

+2.1

29.5

201

中旬

南大東村在所

18.0

+0.1

14.0

55

36.6

89

南大東空港

18.4

-0.2

14.5

49

観測なし

北大東空港

18.7

0.0

21.0

72

下旬

南大東村在所

17.9

+0.5

0.0

0

51.6

131

南大東空港

18.2

0.0

0.0

0

観測なし

北大東空港

18.3

+0.1

1.5

5

南大東村在所

18.5

+0.8

48.5

57

139.9

116

南大東空港

18.9

+0.6

61.0

80

観測なし

北大東空港

19.1

+0.7

52.0

72



【大東島地方の降水量グラフ】



 気象資料については、気象庁ホームページの気象統計情報よりご利用ください。
   気象統計情報 → 過去の気象データ検索(南大東) 


南大東島地方気象台ホームページについて
・Copyright(c) jma-minamidaitou All Right Reserved.


トップへ戻る