• HOME
  • 観測
  • 観測測器
  • 観測測器

     航空気象観測に用いる測器は以下のものがあります

    風向風速計

     離着陸中の航空機にとって、滑走路付近に吹く風は非常に重要です。強い横風や突風を受けると機体が安定を失う恐れがあります。また、向かい風か追い風かによって航空機が浮き上がるための力(揚力)が影響を受けます。

     風向風速計は流線型をした胴体に垂直尾翼と4枚羽根のプロペラが取り付けられています。
     垂直尾翼により風が吹くとプロペラが風上に向くように回転し胴体の向きからは風向が、プロペラの回転数からは風速がわかる仕組みになっています。
     滑走路の両端に設置されていています。

    電気式温・湿度計

     気温及び露点温度は、航空機の離着陸時における滑走距離と適正な積算重量の計算等に利用されます。特に気温は航空機の浮き上がる力(揚力)に影響します。気温が低いと機体に着氷する場合があります。

     電気式温・湿度計は通風筒内に白金抵抗温度センサと高分子膜湿度センサが取り付けられています。白金抵抗温度センサの抵抗値を計測して温度に換算し、高分子膜の水分量の変化による誘電率の変化により相対湿度を測定します。
     湿度については露点温度(大気中の水分量が変わらないで、湿度が100%になる温度)に変換して通報しています。
     滑走路の中心付近に設置されています。

    雨量計

     強い雨は操縦席からの視界不良を生じさせるほか、ハイドロプレーニング現象によってブレーキングにも影響します。飛行場施設、特に滑走路の供用、管理のための資料にも利用されます。

     雨量計は口径20cmの「受水器」に入った降水(雨や雪など)が転倒ますに注がれ、降水量0.5mmに相当する降水が貯まると転倒する仕組みになっています。
     その転倒数を計測することによって「降水量」を知ることができます。
     単位時間当たりの降水量は、雨の強さの判断に利用されます。
     電気式温度計・湿度計の近くに設置されています。


     

    電気式気圧計

     航空機は気圧から高度を計算します。気圧は航空機の高度計規正値を決めるために利用されます。

     電気式気圧計は気圧によって電気容量が変化する素子を用いて、電気的な変化から気圧を測定します。

    シーロメータ

     低い雲が空港の上空にあると、離着陸に影響を及ぼします。

     シーロメータは、雲(雲底)の高さを測定する装置で、近赤外波長のレーザパルス光を上方に発射し、雲から散乱して戻ってくるパルス光を受け、その経過時間から雲底高度を算出します。
     滑走路の中心付近に設置されています。

    滑走路視距離計

     航空機のパイロットが滑走路の標識や灯火をどこまで見ることができるかは、離着陸の可否の判断、離着陸の飛行方式・進入方式の決定等に極めて重要な情報です。

     滑走路視距離計は、航空機のパイロットが、着陸時に滑走路の標識や灯火を視認することができる最大距離を測定します。
     空気の透明度から、どの程度先の距離まで見通せるかを測定し、その距離と周りの明るさや滑走路の灯火の強さから滑走路視距離(RVR)を計算します。
     福岡空港では滑走路の両端に設置されています。
     

    ■ 福岡航空地方気象台ホームページについて ■ サイトマップ