出前講座メニュー

No 講座名 講座内容
1 防災気象情報とその利用 【1】気象庁(気象台)が発表する防災気象情報の種類や利用方法について説明する。
【2】防災気象情報の技術的基盤と予測精度について解説する。
【3】情報利用者側と解りやすい防災気象情報に改善するための質疑応答を行う。
【4】自然災害から身を守る方法について
2 台風に備えて 【1】台風の発生・発達・移動の仕組みと予報方法を解説する。
【2】台風のもたらす暴風・大雨・高潮などの現象について解説する。
【3】台風に伴う災害の特徴や、発表される気象情報の利用法を知り、災害の防止・軽減の役立てる。
3 高潮災害を防ぐために 高潮災害とその原因について
4 大雨に備えて 【1】大雨のときの雨の降り方、大雨をもたらす気象現象の機構、大雨の予報方法について解説する。
【2】近年の大雨災害の特徴や気象庁の行っている大雨関連の各種情報について説明し、大雨災害の防止・軽減に役立てる。
5 天気予報の利用解説 【1】天気予報の用語などの解説
【2】最先端の天気予報技術等の解説
6 気象に関する基礎知識 【1】気象学の基礎
【2】天気図の見方
【3】四季の変化
【4】天気俚諺
【5】気象庁の組織
【6】気象に関するクイズ
7 天気図の書き方・作り方 ラジオ天気図の作成方法
8 数値予報について 気象庁が発表する天気予報、週間予報、季節予報、防災情報などの基礎資料となっている数値予報が、高度なIT技術基盤の上に成り立っている仕組みを紹介する。
9 気象の観測について 気象庁で行っている気象観測について、観測方法、観測網、データの提供方法等について説明し、広く国民に気象観測の重要性を理解していただくと共に観測データの有効利用を促進する。
10 地球温暖化について 【1】地球温暖化の監視と将来の予測について解説する。
【2】台風の経年変化と地球温暖化の関係について解説する。
【3】桜の開花日と経年変化について解説する。
11 季節予報について 長期間の天候の見通しを行う季節予報は、国や地方公共団体による営農対策、各種産業における生産管理等の分野に利用され、最近では企業活動の天候リスクを回避するための利用が注目されている。季節予報の内容や、技術的な背景、季節予報の改善の方向について紹介する。
12 今年の天候の特徴 今年の天候をふまえて、記録的な少雨、台風、高温などについて解説する。
13 地震・津波災害の防止軽減に向けて 過去の地震・津波災害、地震・津波観測監視体制、気象庁から発表する津波予報・地震津波に関する情報及びその充実方策等、気象庁における地震・津波災害の防止軽減に向けた取り組みを紹介する。
14 火山観測と火山情報 全国の火山活動に対する観測体制と火山情報の発表等、気象庁の役割とその取り組みについて紹介する。
15 地震・津波・火山業務に関する新しい取り組みについて 近年の地震・津波・火山に関する業務の新しい取り組みについて紹介する。量的津波予報、推計震度、東海地震に関する情報、火山活動度レベル、緊急地震速報など。

◆◇備考◇◆
・出前講座の対象についてはご相談下さい。
・出前講座ではパワーポイントを使用します。