2005年3月20日の福岡県西方沖の地震 <<地震・火山災害の事例

【概況】3月20日10時53分頃、福岡県西方沖を震源(深さ9㎞)とするマグニチュード(以下Mと記述)7.0の地震が発生し、福岡県の福岡市東区、福岡市中央区、前原市及び佐賀県みやき町で震度6弱を観測したほか、九州北部を中心に、九州地方から関東地方の一部にかけて震度5強~1を観測した。この地震により、福岡管区気象台では10時57分に福岡県の日本海沿岸及び壱岐・対馬に「津波注意」の津波注意報を発表したが、津波は観測されなかったため、津波注意報を12時00分に解除した。
 地震活動は、この地震を本震とする本震―余震型で推移し、12月31日までに震度1以上の余震が405回(このうち最大震度4以上の余震が8回)発生した。最大余震は、4月20日06時11分頃に発生したM5.8の地震で、福岡県の福岡市博多区、福岡市中央区、福岡市南区、福岡市早良区、春日市、新宮町、碓井町で震度5強を観測した。
 本震の発震機構は、東北東―西南西方向に圧力軸を持つ横ずれ断層型である。余震分布と本震の発震機構から推定される震源断層は、北西―南東方向のほぼ鉛直な断層面を持つ左横ずれ断層である。また、最大余震も本震と同じ型の発震機構であった。今回の活動域周辺は定常的な地震活動は低調で、M7以上の地震としては、1700(元禄13)年のM7.0の地震(最大震度不明)が知られているのみである。

【被害状況】本震により死者1名、負傷者1087名、住家全壊133棟、住家半壊244棟、一部破損8620棟などの被害が発生した(消防庁資料による)。

3月20日10時53分の福岡県西方沖の地震(M7.0)の震度分布図
3月20日10時53分の福岡県西方沖の地震(M7.0)の震度分布図  
  
転倒した家屋の一部(福岡県玄界島)
転倒した家屋の一部(福岡県玄界島)   
陥没した道路(福岡県玄界島)
陥没した道路(福岡県玄界島)  
 
埋立地の砂浜に亀裂(福岡市百道浜)  
埋立地の砂浜に亀裂(福岡市百道浜)
     被害表
震央分布図

<<地震・火山災害の事例
Copyright(c) 2006 Fukuoka District Meteorological Observatory ALL RIGHT RESERVED