気象、地震、火山、海洋の知識

PN線



  "PN"とは Pollution Nagasaki の略で、この観測定線に沿って気象庁所属の海洋気象観測船による海洋バックグランド汚染観測が開始されたことを契機に命名されました。PN線の海洋観測は、1972年から2010年2月までは長崎海洋気象台(現長崎地方気象台)所属の「長風丸」が実施し、2010年(平成22年)4月以降は、気象庁本庁(東京)所属の「凌風丸」・「啓風丸」に引き継がれています。



PN線の観測点位置(1996年10月以降)



PN線の主な経緯



1957年 1月 PN線の前身であるG線の各層観測開始(ナンセン採水器による)

1972年 4月 PN線として年4回各層観測開始(PN-1~PN-9の9点:1972年観測点図

1977年 7月 PN-3'とPN-4'の各層観測開始

1987年 4月 電気伝導度水温水深計(CTD)による各層観測開始


PN-a、b、c、h、i の各層観測開始

1987年 9月 PN-b'の各層観測開始

1989年10月 PN-d'、f'の各層観測開始(1989年観測点図

1996年10月 現在の観測点(PN-1~PN-6の16点)になる(上図)



PN線の観測点位置表


観測点 緯度 経度 水深(m)
PN-1  27゜30’N 128゜15’E 1020
PN-a  27゜39’N 128゜02’E  800
PN-2  27゜48’N 127゜48’E  950
PN-b  27゜57’N 127゜35’E 1300
PN-b’ 28゜02’N 127゜28’E 1200
PN-3  28゜06’N 127゜21’E 1020
PN-c  28゜10’N 127゜14’E 1060
PN-3’ 28゜15’N 127゜08’E  970
PN-d’ 28゜20’N 127゜01’E  630
PN-4  28゜24’N 126゜54’E  280
PN-f’ 28゜29’N 126゜48’E  210
PN-4’ 28゜33’N 126゜41’E  155
PN-h  28゜38’N 126゜34’E  140
PN-5  28゜42’N 126゜27’E  130
PN-i   28゜51’N 126゜13’E  110
PN-6  29゜00’N 126゜00’E  110