気象台の仕事

アメダス地域観測

 日本は集中豪雨などの局地的な気象現象による災害が多く、毎年多くの生命財産が失われています。
こうした局地的な気象災害は、台風や低気圧より現象のスケールが小さく、その範囲は数kmから数十km程度であり、継続時間も1時間から数時間程度です。この種の局地的気象現象による災害を防止・軽減するためには、その現象のスケールに対応した観測網と、観測した資料を即時的に入手できるシステムが必要です。
このため、気象庁では全国に約1300ヶ所以上の観測所(約150ヶ所の気象官署を含む)を設置し、観測を行っています。これが地域気象観測システムです。
 福岡県内には20ヶ所の地域気象観測所が配置してあります。

福岡県内のアメダス(地域気象観測所)配置図

福岡県内の地域気象観測所一覧

観測している項目は○印が付いています
観測所
所在地
標高 気温 風向風速 降水量 日照時間
小呂島 福岡市西区大字小呂島 49m
宗像 宗像市田熊 7m
八幡 北九州市八幡西区 20m
空港北町 北九州市小倉南区 7m
東谷 北九州市小倉南区 55m
行橋 行橋市西泉 9m
飯塚 飯塚市川島 37m
前原 糸島市前原西 5m
福岡 福岡市中央区 3m
博多 福岡市博多区 9m
太宰府 太宰府市大佐野 52m
添田 田川郡添田町 92m
早良脇山 福岡市早良区 83m
朝倉 朝倉市三奈木町 36m
英彦山 田川郡添田町 823m
久留米 久留米市津福本町 7m
耳納山 久留米市草野町 607m
黒木 八女市黒木町 144m
柳川 柳川市本城町 7m
大牟田 大牟田市笹原町 40m