インフォメーション

気象観測器(ラジオゾンデ)を見つけたら


落 下 ゾ ン デ 概 要GPSゾンデ
 高層気象観測で用いるラジオゾンデは、上昇中に気象観測を行ない、気球の破裂によって観測を終了します(気球は上昇しながら膨張し最後に破裂します)。その後は、パラシュートによってゆっくりと下降します。

飛揚されたラジオゾンデは、上空の西風(主にジェット気流)にのって流されるため、そのほとんどは海上に落下しますが、飛揚された場所や季節によっては地上に落下する場合があります。

福岡管区気象台から飛揚されたラジオゾンデはよく中国・四国地方で発見されますが、おもに瀬戸内海や豊後水道に落下しているようです。

落下時の安全策として、パラシュートによる緩やかな降下のほか、観測器の軽量化、絶縁性にすぐれた材質の吊りひもを採用しています。

落下ゾンデについて

気象庁と書かれた気象観測器を発見した場合、または被害が生じた場合

危険物ではありません。

お手数ですが気象観測器のラベル(写真参照)に表示されている連絡先へご連絡ください。
連絡先が何らかの理由で読み取れない場合はこちらへご連絡ください。

気象庁観測部観測課
03-3212-8341


気象庁以外のゾンデについて

飛揚した機関が明確な場合は、飛揚した機関へご連絡してください。
 (防衛庁・大学・研究所・民間会社など)

外国で飛揚した観測機器など、飛揚機関が不明のものゴム気球やビニール製の袋がふくらんだ状態のものを見つけた場合は、危険ですのでさわらずに最寄りの警察へご連絡下さい。

福岡管区気象台が飛揚するラジオゾンデには、下のような「お願い」のラベルが貼り付けてあり、飛揚した官署名や連絡先を明記しています。
気象庁気象観測器(危険物ではありません)

ラジオゾンデの種類 大きさ(cm) 重さ(g)
RS-11G型 (約)
9x7x16
85
iMS-100型 (約)
5x6x13
38

ラジオゾンデの素材など
気   球 天然ゴム(乳白色)
パラシュート ポリエステル製不識布(白色)、プラスチックフィルム製(赤色)・・・生分解性
吊りひも ビニール製
(絶縁性・耐水性・耐寒性のある白色ひもで、国際民間航空条約に従った強度のひもを使用)
そ の 他 温度計・湿度計・GPSアンテナ・電子基板・乾電池など