気象台の仕事

生物季節観測

最近の生物季節観測状況はこちら

観測の目的

季節により変化する植物及び動物の状態を観測することを、生物季節観測といいます。 その目的は、生物に及ぼす気象の影響を知るとともに、その観測結果から季節の遅れ進みや気候の違いなど総合的な気象状況の推移を知ることにあります。

植物の観測

植物の観測は、原則として気象官署構内の植物季節観測用標本を対象に発芽・開花・満開・紅(黄)葉・落葉について行います。構内に標本を植えることができないとき、または標本として植えてある植物が観測に適さないときには、気象官署の付近にある植物を標本に指定し、それについて観測を行います。
観測方法はおおむね以下の通りです。

発芽……対象とする植物の葉芽(生長して葉になる芽)の約20%が発芽した最初の日を発芽日とする。
開花……対象とする植物の花が数輪(多数の花が咲く種目については5,6輪、それ以外の種目については2,3輪)以上開いた最初の日を開花日とする。
満開……対象とする植物の花が約80%以上咲いた最初の日をその植物の満開日とする。
紅(黄)葉……対象とする植物の葉の色が大部分紅(黄)色系統の色に変り、緑色系統の色がほとんど認められなくなった最初の日を紅(黄)葉日とする。
落葉……対象とする落葉樹の葉の約80%が落葉した最初の日を落葉日とする。

動物の観測

動物の観測は、気象官署の構内または気象官署の付近にて既定の種目を対象に初見・初鳴について行います。原則、毎年決まった場所で観測しています。

初見……対象とする動物の姿を初めて見た日を初見日とする。
初鳴……対象とする動物の鳴き声を初めて聞いた日を初鳴日とする。