気象台の仕事
全天日射計のしくみ


太陽から直接照射してくる光を直達日射、直達日射が天空の全方向にある雲や空気中のちりなどで散乱されて入射してくる光を散乱日射といい、それらを合わせたものが全天日射です。
全天日射計は、その全天日射量(直達日射量+散乱日射量)を計るための観測機器です。