気象、地震、火山、海洋の知識

警報・注意報のはなし

波浪警報・注意報

 海上では風により波が発生・発達します。風によって発達しつつある波を風浪(または風波)と呼び、風が収まって水の粘性によって減衰しながら伝わっていく波をうねりと呼びます。風浪とうねりを総称して波浪と呼び、これによって引き起こされる災害を波浪害と呼びます。


海難

波浪  波浪は航行中の船舶の沈没・転覆・損傷・漂流・座礁などの海難を発生させます。近年は遊漁船やプレジャーボートの海難が多くなっています。出航前に気象情報を正しく把握することが必要です。


沿岸被害

 台風の来襲などにより、港湾施設の損壊や、海岸の浸食、停泊中の船舶の損傷・漂流・座礁、いけすなど水産業施設の損壊のほか、釣り人や遊泳中の事故などがあります。


交通障害

 海運業や漁業など出港停止や航路変更によって影響を受けます。


>>次へ>>