気象庁ロゴ 福島地方気象台ロゴ
 サイト内検索
 サイトマップ
 ご意見・ご感想
マスコットキャラクター はれるん
TOP 防災気象情報について 福島県の気候 気象観測 地震・津波 火山 災害関連 業務案内 データリンク リンク

福島県の四季

[ 福島県の四季の特徴 ]

 福島県は面積が広く、奥羽山脈と阿武隈高地の二つの山系が存在するため気候が東西で異なり、山系で隔てられた地域が、おおむね 会津・中通り・浜通りの区域に合致します。
それぞれの区域の気候は、会津は日本海側の気候、浜通りは太平洋側の気候、中通りはその中間的気候となっています。

 次第に暖かな日射しとなってくる春先ですが、日本の南岸を東~北東進する低気圧  (南岸低気圧)  によって浜通りや中通りでは大雪になることがあります。
 特に南岸低気圧が福島県沖を北上する場合には、大雪、着雪、暴風による停電、 ビニールハウスの倒壊、樹木の枝折れ、交通障害など大きな災害を受けることがあります。
 平均気温が10℃前後になると桜が開花し始めます。 福島県内の桜前線はまず浜通りを北上し、次に中通りを南下、その後会津に移ります。
 この時期は低気圧や高気圧が3~4日おきに通ることが多く、天気は周期的に変化します。 時には日本海を北上する低気圧が急速に発達して県内に暴風をもたらすことがあり、10メートル以上の風が吹く日数は、3月から4月に最も多くなります。
 一方、移動性高気圧 におおわれると風も静穏で晴れわたりますが、夜間は 放射冷却 により気温が氷点下近くまで下がることがあり、農作物に凍霜害が発生するのもこの時期です。
 5月になると帯状の高気圧が停滞して晴れの日が続き、会津と中通りではこの頃に 湿度が一年で最も低くなります。 空気の乾燥に強風が重なると小さな火が延焼して大規模林野火災に至るおそれもありますので、気象台では乾燥注意報 を発表して火の取り扱いに注意を呼びかけます。

 太平洋高気圧 が次第に日本の南海上に張り出してくると、日本の南岸沿いに前線 (梅雨前線) が停滞するようになり、この前線上を2~3日おきに低気圧が東進して雨が続くことがあります。
 6月に入ると曇りや雨の日が多くなり、日照時間が少なく、気温の上昇も抑えられた梅雨の季節となります。  東北南部では平年の梅雨入り が6月12日ごろです。 梅雨の前半は、オホーツク海高気圧から冷たく湿った風( やませ)が吹き込んで来るため、気温が低くなるだけでなく、霧や低い雲による日照不足も重なり、浜通りを中心に冷害になることがあります。 梅雨の後半になると前線が北上し湿った暖かい空気が流入するため雨が降りやすくなり、前線が停滞して 集中豪雨となることもあります。 一年で最も雨量が多くなるのがこの時期です。 東北南部の平年の梅雨明けは7月25日ごろです。
 太平洋高気圧に広くおおわれて梅雨が明けると、気温が高く日照時間も多くなり本格的な夏となりますが、日中の昇温などの影響で雷雲が発達することも多いため、 局地的大雨落雷突風などに注意が必要な時期でもあります。

 9月になり、大陸に形成された高気圧と太平洋高気圧 との間に前線(秋雨前線) が停滞すると雨の日が多くなります。 また、9月から10月は台風 の時期でもあり、太平洋高気圧の縁に沿って移動する台風はこの時期に日本に 上陸 しやすくなります。 さらに、台風が接近する際に吹き込む暖かく湿った気流によって活発化した秋雨前線が大雨を降らせることもあります。
 10月中頃になると大陸の乾燥した高気圧が次第に勢力を増し、日本付近に停滞していた秋雨前線が消えて秋雨の時期は終わります。 その後移動性高気圧 が日本付近を次々と通るようになり、天気が周期的に変わります。
 10月下旬になると寒気の通過に伴って高い山では雪が降り、初冠雪 が観測されます。
 10月末から11月にかけては、勢力の強い移動性高気圧におおわれるようになり、秋晴れの日が多くなります。 この時期会津盆地では、明け方の冷え込みにより朝霧が頻繁に発生するという特徴があります。
 11月半ばになると一時的に上空に寒気を伴った西高東低の気圧配置 になることがあり、平地でも初雪 が観測されて季節は秋から急速に冬に向かいます。

12月になり、シベリア高気圧 が優勢になって冬型の気圧配置が続くようになると、 季節風が会津に雪をもたらします。
 会津では、年間降水量のほぼ半分が雪によるもので、日本屈指の 豪雪地帯となっています。 特に奥会津では一晩で1メートル以上の降雪となることもあり、最深積雪が5~6メートルにも達します。 なお、冬の会津では、日本海に低気圧がある場合に晴れるという特徴があります。
 会津とは逆に、冬型の気圧配置 の場合、中通りの平地や浜通りでは晴天が多くなります。 また、浜通りの冬は西よりの風と晴天によって空気が乾燥するため、 湿度が最も低くなる時期が1月で、会津や中通りの5月とは異なっています。  浜通りでは、強い寒気が入り込んだ場合に一時的な雪が降ることはありますが、冬型の気圧配置で平地に雪が積もることはほとんどなく、厳しい冬といわれる東北地方の中では最も温暖な地域です。

上へ



本ホームページの利用規約は、気象庁ホームページの利用規約を準用します。

気象庁ホームページについて

Copyright(C) Fukushima Local Meteorological Office. All Right Reserved