ホーム > 気象等の知識 > 岐阜県の活火山

岐阜県の活火山

活火山について

気象庁では、概ね過去1万年以内に噴火した火山、および現在活発な噴気活動のある火山を活火山としており、現在の国内の活火山数は110となっています。     

「活火山」の定義と活火山数の変遷

「火山防災のために監視・観測体制の充実等が必要な火山」の選定

岐阜県の活火山

岐阜県には、白山焼岳アカンダナ山(ヤマ)乗鞍岳御嶽山の5つの活火山があります。

気象庁は噴火災害軽減のため、平成19年(2007年)12月1日より、噴火警報・予報の発表を行っています。また、御嶽山では平成20年(2008年)3月31日より、焼岳では平成23年(2011年)3月31日より、白山では平成27年(2015年)9月2日より、噴火警戒レベルで噴火警報・予報を発表しています。

噴火警報・予報の発表状況

噴火警報・予報の説明

噴火警戒レベルの説明

リーフレット「噴火警報と噴火警戒レベル」

リーフレット「御嶽山の噴火警戒レベル」

リーフレット「焼岳の噴火警戒レベル」

リーフレット「白山の噴火警戒レベル」

岐阜県の活火山