ホーム > 気象等の知識 > 震度の観測について

震度の観測について

震度計による観測について

震度は、地面の揺れの強さの程度を示す指標です。

気象庁では、1884(明治17)年以来、120年以上、震度の観測を実施しています。観測開始以来、震度の観測は観測者の体感で行ってきましたが、観測を客観的に行い、その成果を迅速に発表するため、気象庁は、1991(平成3)年、世界に先駆けて震度計を開発しました。 1996(平成8)年4月からは、震度観測は全面的に震度計で行うこととし、体感による観測は廃止しました。同年10月からは、現在の10階級の震度階級(震度5及び震度6をそれぞれ弱・強の2階級に分割)による震度を発表しています。

気象庁震度階級関連解説表

震度計は、以下の図に示すように、計測部と処理部から構成されます。

震度計の写真

震度計の導入により、[1]客観的な観測が可能、[2]無人でも観測可能なため、震度計を設置することにより観測点の多点化が可能、[3]震度データ収集が自動化されることにより、震度情報の迅速な発表が可能となりました。

震度計の観測により得られた震度データは、気象庁の発表する地震情報に活用されています。2007(平成19)年10月現在、日本国内において、気象庁が発表する震度情報に活用している震度観測点は、約4,200地点となっています。これらの震度計は、気象庁のほか、都道府県等地方公共団体、(独)防災科学技術研究所により整備・運営されています。


岐阜県の震度観測点

岐阜県内には、以下の「岐阜県内の気象庁震度観測点配置図」に示すとおり、気象庁で設置した震度観測点が11地点あります。このほか、岐阜県や(独)防災科学技術研究所が設置した震度観測点も含めると、岐阜県内には116地点の観測点が存在します。

なお、以下の図中にある、「岐阜県美濃中西部」、「岐阜県美濃東部」、「岐阜県飛騨」の地域名は、気象庁が地震情報を発表する際に用いられるものです。

⇒気象庁震度観測点に、岐阜県や(独)防災科学技術研究所が設置した震度観測点も含めた震度観測点の分布図については、東海地方の震度観測点分布図をご覧下さい。

岐阜県内の気象庁震度観測点配置図