函館地方気象台 ホームページ
ホーム >海洋の情報>潮位に関する資料
気象庁ロゴアイコンは気象庁へのリンク、北海道アイコンは札幌管区気象台へのリンクです。

潮位に関する資料

気象庁では、潮位の観測データや予測値を一般に公開しています。ここでは気象庁ホームページ上で公開している資料等を紹介します。

潮位表(潮位の予測値)

潮位表は過去の観測データを基に求めた定数を使い、主に月と太陽の起潮力による潮位の変動(天文潮)を計算によって求めたものです。実際の潮位は気圧や水温の変動、風の影響などが加わるために天文潮とは必ずしも一致しません。また、掲載地点に近い場所でも地形などの影響で、潮位や満干潮の時刻が多少異なる場合もありますので、ご利用の際にはご注意ください。

気象庁ロゴ潮位表

潮位観測情報

全国各地の検潮所における、潮位の観測値をリアルタイムでご覧になれます。東京湾平均海面(TP)上の潮位、天文潮、および天文潮からの偏差を掲載しています。なお、観測機器の保守作業や障害などにより、異常な値を示したりデータが途切れることがありますのでご了承ください。

気象庁ロゴ潮位観測情報

潮汐観測資料

検潮所で得られた潮位の観測結果です。天文潮とは必ずしも一致しません。満(干)潮の時刻や回数などが天文潮と異なる場合もあります。
検潮所の標高が地盤の変動により変化すると、潮位の値も変わります。

気象庁ロゴ潮汐観測資料

潮汐の観測資料は月ごとに品質管理を行い、翌月の20日頃に確定します。上記リンクでは確定値をご覧になれます。

気象庁ロゴ潮汐観測資料(速報値)

上記リンクでは速報値(品質管理前の未確定値)をご覧になれますが、品質管理を行なった後では値が変わることがありますのでご注意ください。

海洋の健康診断表

気象庁では、地球環境に関連した海洋変動の現状と今後の見通しなどを総合的に診断して、「海洋の健康診断表」として気象庁ホームページにて情報提供しています。定期的に最新の状況をお伝えする「定期診断表」、黒潮大蛇行や異常潮位など、社会的に影響の大きい海洋現象が確認されたときに発表する「臨時診断表」、さらに、詳細な調査をとりまとめた「総合診断表」の3つの形態で情報をお伝えしています。

気象庁ロゴ日本沿岸の月平均潮位の変動(定期診断表)

日本沿岸の潮位について月ごとの経過を解説します。

気象庁ロゴ日本沿岸の海面水位の長期変化傾向(定期診断表)

過去100年間の長期的な海面水位の変化傾向に関する解説と見解を示しています。

気象庁ロゴ海面水位(総合診断表)(PDF)

海面水位の長期的な変化傾向について、詳細な調査結果をとりまとめてお伝えします。

このページのトップへ
Get Adobe Reader このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。