函館地方気象台 ホームページ
ホーム >業務のご案内 >沿革「日本最初の気象観測所」1
気象庁ロゴアイコンは気象庁へのリンク、北海道アイコンは札幌管区気象台へのリンクです。

沿革「日本最初の気象観測所」

函館地方気象台の前身である「函館気候測量所」は日本で最初に気象観測をはじめた観測所で、明治5年(1872年)から観測を開始しています。

ここでは気象台や海洋気象観測船の歴史を紹介します。

日本最初の気象観測所

幕末当時の背景として、伊豆の下田とならび海外への窓口となった開港場「箱館」(明治2年(1869年)以降は「函館」)には、外国人が渡来し在留するようになり、自身の必要性から、不統一ながらも気象観測が実施されていました。

記録によると、ロシア人の医学者アルブレヒトは、安政6年(1859年)から2年間、箱館付近の自宅で気象の観測を行い、万延元年(1860年)には雨と雪日数を観測していました。

また、ブラキストンライン(津軽海峡を境とした北海道と本州の動植物境界線)を発見したほか、いくつかの科学的業績を残したイギリス人実業家ブラキストンは、元治元年(1864年)から明治4年(1871年)までの8年間、降雨雪日数を観測し、慶応4年(1868年)からは気圧や気温の観測を行っていました。

開拓使函館支庁の福士成豊(ふくしなりとよ)はブラキストンの観測を引き継ぎ、船場町(現在の函館市末広町)にあった自宅に観測機器を設置してこれを「函館気候測量所」とし、明治5年(1872年)8月26日から観測を開始しました。

これが我が国の気象観測所における気象観測の始まりです。

日本における気象観測開始の古い順位

北海道における気象観測開始の古い順位

観測場所の変遷

観測場所の変遷地図

福士成豊が観測を開始した「函館気候測量所」があった船場町は現在の末広町にあたり、金森倉庫群の片隅に「日本最初の気候測量所跡」の看板が設置されています。

この後、観測所の場所は何度か移り、現在の場所(函館市美原:移転当時は亀田村赤川通)で観測を開始したのは昭和15年(1940年)のことでした。

函館の観測場所の移り変わり

(丸文字は右地図の位置)

このページのトップへ
Get Adobe Reader このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。