TOP 防災気象情報について 滋賀県の気候 気象観測 地震・津波 災害関連 業務案内 リンク

気象観測施設の届け出

気象観測施設を設置する場合、気象業務法により届け出が必要となる場合があります。

滋賀県内に気象観測施設を設置した場合は、設置から30日以内に、彦根地方気象台に届出書を提出してください。 届出した施設を廃止した場合や、届出した内容に変更があった場合も同様に届出が必要です。

申請に手数料などはかかりません。 届出を行うことにより、一定の精度を持った観測成果は防災対策など社会全体で有効利用する事が可能になります。 また、気象観測の方法や気象測器の設置方法、観測環境等についての技術的なアドバイスを気象台から受けることができます。

届出が必要な気象観測

1.気象庁以外の政府機関又は地方公共団体が行う気象観測

但し、研究のための観測、教育のための観測及び建物や坑道の内部等特殊な環境での観測は除きます。

2.一般事業者等(鉄道会社、気象会社、報道機関、一般法人、個人)が次の目的のために行う気象観測 気象業務法第6条

届出の方法

届出書の提出は、気象台への持参、郵送、FAX、電子媒体および e-Gov電子申請システム(電子政府の総合窓口)を利用できます。

(「府省を指定する」のボタンを押し、気象庁を選択して、対象の手続きへ進んでください。)

※e-Gov電子申請システムの利用方法はこちら をご覧ください。

お問い合わせ先

彦根地方気象台  防災管理官室    電話:0749-22-6142

気象観測施設の届け出について(気象庁ホームページ)もご参照ください。

気象台ではみなさんが行う気象の観測について、相談を受け付けております。

また、観測施設の設置環境や気象測器の設置方法などのより詳しい解説は 「気象観測ガイドブック」「気象観測の手引」 を参考にして下さい。


 
アドビシステムズ社のPDF表示ツール
 
PDFファイルの掲載資料の閲覧には、PDF表示ツールが必要です。
(お持ちでない方は、左のアイコンよりAdobe Systems社のPDF表示ツールの情報をご覧になれます。)
 

彦根地方気象台ホームページについて
Copyright © 2017 Hikone Local Meteorological Office.