TOP 防災気象情報について 滋賀県の気候 気象観測 地震・津波 災害関連 業務案内 リンク

地震のはてな?

地震のタイプ

陸のプレート内で発生する地震(図中(1))

これはプレートの潜りこみ等の理由により圧力が加わり岩盤の中のある範囲がひずみ、 岩盤の中には、そのひずみを戻そうとする力が発生します。このようなひずみが限界に達すると 岩盤が破壊されます。断層帯での地震はこのようなタイプの地震で、ずれかたによって 逆断層、正断層、横ずれ断層などがあります。

プレート間に発生する地震(図中(2))

プレートが潜り込む所では、陸側のプレートの端を引きずり込んで沈み込ませようとする力が働きます。 プレート境界がしっかりとかみ合っている所(固着域)では、陸のプレートの端は大きく引きずり込まれた後、 プレート境界が割れて跳ね上がるときに巨大地震が起こります。 このようなしくみの地震をプレート境界地震とかプレート間地震と呼んでいます。 今後おきると予想されている、南海地震や東南海地震がこの型の地震です。

海のプレート内で発生する地震(図中(3)~(5))

このタイプの地震は震源が深くときには深さ600kmを越えるものもあります。

地震のタイプ解説図

地震調査研究推進本部HPより

断層のタイプ

地層や岩石の中の割れ目に沿って両側の岩盤が上下あるいは、左右にずれている所を断層といいます。 そのずれのむきによって「縦ずれ断層」と「横ずれ断層」に分けられます。 縦ずれ断層は、断層の傾斜方向(上下方向)に沿って主に上下にずれているもので、「正断層」と「逆断層」があります。 正断層は断層をはさんで上側にある岩盤が下へ動いたものです。それは岩盤中に左右に引っ張る力が働いている地域に多く見られます。 逆断層は上側の岩盤がずり上がったものです。左右から圧縮する力が働いている地域に多く見られます。 横ずれ断層は、岩盤が水平にずれた場合の断層です。断層の一方の地上に立って見たとき、向かい側の岩盤が右向きにずれたときは 「右横ずれ断層」、左向きにずれれば「左横ずれ断層」と呼んでいます。

断層のタイプ解説図

地震調査研究推進本部HPより

震度とマグニチュード

(1)震度とは地震によるある場所での揺れの強さを表すもので、かつては気象庁職員による体感および 周囲の状況から推定 していましたが、平成8年4月からは、計測震度計により自動的に観測し速報しています。 気象庁は全国各地に約600地点の震度観測点を展開しています。 震度階級は震度0~7の10階級あります。(「震度5」、「震度6」は発生する被害状況の幅が広すぎるため、 平成8年10月からこれを2つに分けて、それぞれ「震度5弱」、「震度5強」および「震度6弱」、「震度6強」としました。)

(2)マグニチュードは地震そのものの大きさを表す尺度です。マグニチュード(M)と地震波の形で放出されるエネルギーと の間には、標準的にはMの値が1だけ大きくなるとエネルギーは約32倍に、2だけ大きくなるとエネルギーは約1000倍になるという 関係があります。M8の地震1つでM7の地震約32個、M6の地震約1000個分のエネルギーに相当します。 M8.5の地震波のエネルギーは約3.6×1017ジュールです。これはおおよそ100万kW(原子力発電所一基の発電能力がおよそ100万kWです。) の発電所が約10年かかって発電するエネルギーに相当します。

(3)震度とマグニチュードの関係は、「蛍光灯」と、その蛍光灯で照らされる「机の上の明るさ」の関係によく似ています。 蛍光灯のワット数が地震のマグニチュードに相当し、机の上の明るさが地震による揺れの大きさ、つまり震度に相当します。 蛍光灯が同じでも、机が遠くなるほど、机の上は暗くなります。それは地震の場合、同じマグニチュードでも、 震源から遠い所ほど揺れは一般に小さくなり、震度の値が小さくなることに対応します。

震度とマグニチュードの関係を蛍光灯に例えた図

参考文献:「図解雑学  地震」  尾池和夫  著

余震

比較的大きな地震が発生すると、その近くで最初の地震より小さな地震が続発することがあります。 この最初の大きな地震を本震、その後に引き続き起こる地震を余震といいます。 このような地震活動のパターンを「本震-余震型」といいます。震源が浅い大きな地震は、ほとんどの場合、余震を伴います。 余震は、本震の発生により周囲の岩石が不安定な状態になり、それを解消するために発生すると考えられています。

中越地震の本震と余震の分布図
中越地震の余震活動の時系列図

[1]余震の数は本震直後に多く、時間とともに次第に少なくなっていきます。

10日目に1日目の約10分の1に減り、100日目には約100分の1になります。 減衰の仕方は、本震直後は急激ですが、徐々に緩やかになります。 本震から10日後には直後の10分の1ですが、その後10日経過しても、その2分の1にしかなりません。 余震がいつまでも続くといった印象を持つのはこのためです。 また、本震のマグニチュードが大きいと、余震が収まるまでの期間が、一般的には長くなります。

[2]規模が大きい余震は少なく、規模が小さい余震は多く発生します。

マグニチュードが1つ大きくなるごとに、余震の起きる回数が約10分の1になります。

[3]最大余震(注)のマグニチュードは、平均すると本震のマグニチュードより1程度小さくなります。

(注) 余震の中で一番大きなものを最大余震といいます。

本震のマグニチュードとあまり変わらないマグニチュードの余震が起きることもあれば、 最大余震のマグニチュードが本震よりかなり小さくなることもあります。平均すると、最大余震のマグニチュードは 本震よりも1程度小さくなります。一般的には最大余震の震度は本震の震度より1階級小さくなると言われています。 たとえば本震で震度6弱の揺れだった場合、最大余震では震度5強程度になると予想されます。 しかし、最大余震の規模や発生場所によっては、本震と同じ程度の揺れとなる場合もあります([6]参照)。

[4]最大余震は多くの場合、内陸では本震から約3日以内に発生しています。海域ではこれより長く、約10日以内に発生しています。

平成7年(1995年)兵庫県南部地震では2時間後、平成16年(2004年)新潟県中越地震では38分後、 平成6年(1994年)三陸はるか沖地震では9.5日後でした。

[5]大きな余震は余震域の端の周辺で起きやすい傾向があります。

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震では、余震域の南端付近(茨城県沖)でマグニチュード7.6の最大余震が、 北端付近(岩手県沖)でマグニチュード7.4の大きな余震が発生しました。

[6]大きな余震による揺れは、場所によっては本震の揺れと同じ程度になることがあります。

1997年3月26日の鹿児島県薩摩地方の地震(マグニチュード6.6)では、4月3日に最大余震(マグニチュード5.7)が発生、 同県川内市では、ともに震度5強の揺れとなりました。また、平成15年(2003年)十勝沖地震(マグニチュード8.0)では、 約1時間後に最大余震(マグニチュード7.1)が発生、浦河町ではともに震度6弱の揺れとなりました。 これは本震と比べて余震の方がより近い場所で起きたためです。

気象庁HPより抜粋、一部加工
参考文献:「大地震のあと、余震はどうなるか」科学技術庁

彦根地方気象台ホームページについて
Copyright © 2017 Hikone Local Meteorological Office.