気象庁 Japan Meteorological Agency
緊急地震速報について 緊急地震速報を見聞きしたときは
トップページ
防災気象情報(気象庁ホームページへ)
気象等の知識(気象庁ホームページへ)
広報
案内・申請
リンク

広島地方気象台長からのメッセージ

 この度の「平成30年7月豪雨」にて被災された皆様、並びにそのご家族の皆様に心からお見舞い申し上げます。
 一日も早い復旧・復興を心より お祈り申し上げます。

 広島県は、北に中国山地が連なり、南は瀬戸内海に面しており、この中国山地と瀬戸内海を隔てた南の四国山地に挟まれた地形により、南部は夏・冬の季節風の影響を受けにくく温暖な気候である一方、北部の中国山地沿いでは、冬期に季節風の影響を受け寒冷で積雪が多く、気温、降水量ともに北部と南部では大きく異なる性格を持っています。
 県内は、土砂災害の危険箇所が日本一多く、さらに太田川、江の川及び芦田川という大河川が流れており、一旦大雨が降ると、土砂災害、洪水害による大きな被害が発生する危険性を秘めています。

 気象台といえば、皆さん天気予報を思い浮かべる方が多いと思いますが、本来の重要な任務は、気象、地震等の防災気象情報を適時・的確に発表して、国民の生命と財産を守る一助となることです。

 これまでも広島県では、土砂災害、洪水害の被害を受けていますが、今回の豪雨では、100名を超える方が亡くなるという痛ましい被害が発生してしまいました。
 被災された地域では復旧に向けた作業を行っていますが、夏季の作業では熱中症への対策が不可欠です。
 また、台風等による大雨が発生すると、脆弱となっている地域では二次災害にも警戒が必要です。

 気象台では県・市町への支援を強化することにより、このような気象災害による被害をできる限り防止・軽減し、引いては住民の皆様の安全確保ができるよう努めて参る所存です。

 最後に、台風や前線により大雨が予想される場合には、気象台の発表する防災気象情報をこまめに確認し、県民の皆様一人ひとりが自ら安全な行動をとっていただければ幸いです。

平成30年7月更新

広島地方気象台長 日当 智明(ひなた ともあき)

気象台長の写真