地球温暖化による中国地方の気候変動予測
気象庁 Japan Meteorological Agency
トップページ
防災気象情報(気象庁ホームページへ)
気象等の知識(気象庁ホームページへ)
広報
案内・申請
リンク

地球温暖化による中国地方の気候変動予測

 気象庁では、地球温暖化の科学的理解に係る普及啓発や、緩和策・適応策の検討の推進などに寄与することを 目的に平成8年度から数値モデルによる実験の結果を「地球温暖化予測情報」として取りまとめ公表しています。
 平成24年度には、近年の数値モデル技術の進歩や計算機能力の向上の成果を踏まえて、従来に比べ大幅に解像度を 高めた気候モデルを用いて気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第4次評価報告書で用いられたSRESシナリオのうち、温室効果ガスの排出量が 中程度の排出シナリオに基づき、21世紀前半及び末頃を対象に気候の変化を予測し、取りまとめ「地球温暖化予測情報第8巻」を公表しました。 平成28年度には、第8巻と同様の解像度の気候モデルを用いて気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第 5次評価報告書で用いられた4つのシナリオのうち、最も温室効果ガスの排出量が多いシナリオ(現時点を超える政 策的な緩和策を行わないことを想定)に基づき、1980年~1999年を「現在気候」、2076年~2095年を「将来気候」 とし20世紀末から21世紀末の気候の変化を予測し、取りまとめ「地球温暖化予測情報第9巻」を公表しました。
 それぞれの予測の特徴にご留意の上、地球温暖化に関する理解の促進、緩和や適応に係る施策の検討の基礎資料として 活用願います。


地球温暖化予測情報 第9巻地球温暖化予測情報 第8巻
  • 水平解像度5kmの非静力学地域気候モデル
  • 高位の温室効果ガス排出シナリオ(RCP8.5シナリオ)に基づく4ケースの予測
  • 20世紀末頃(1980年~1999年)に対する21世紀末(2076年~2095年)の変化


  • 水平解像度5kmの非静力学地域気候モデル
  • 中位の温室効果ガス排出シナリオ(A1Bシナリオ:RCP6.0シナリオに相当)に基づく1ケースの予測
  • 20世紀末(1980年~1999年)に対する近未来(2016年~2035年)、21世紀末(2076年~2095年)の変化

※画像をクリックすると各地球温暖化予測情報のページ(気象庁HP)を開きます。

中国地方の気候変動予測(第9巻)

中国地方の気候変動予測(第9巻)

各県の気候変動予測(第9巻)- 近日公開予定 -

広島県の気候変動予測(第9巻)
岡山県の気候変動予測(第9巻)
島根県の気候変動予測(第9巻)
鳥取県の気候変動予測(第9巻)


各県の気候変動予測(第8巻)

広島県の気候変動予測(第8巻)
岡山県の気候変動予測(第8巻)
島根県の気候変動予測(第8巻)
鳥取県の気候変動予測(第8巻)


リンク

地球温暖化情報ポータルサイト
地球環境・気候情報の総合ページ