気象庁 Japan Meteorological Agency
緊急地震速報について 緊急地震速報を見聞きしたときは
トップページ
防災気象情報(気象庁ホームページへ)
気象等の知識(気象庁ホームページへ)
広報
案内・申請
リンク

中国地方の天候


 平常の天候を対象とした「平年の天候の特徴」を述べたページです。
 天候のコラムや著しい気候変化を対象とした「顕著現象時の天候の特徴」について更に詳しく説明したページもあります。


梅雨  【盛夏】


平年の天候の概説

 中国地方は、山陰・山陽の境に中国山地が連なって脊梁(せきりょう)山地を形成しています。山陽は、南部は瀬戸内海に面し、主に島しょ部と平野部で構成され、北部は主に山地や盆地で構成されています。これらの地形や地理的条件がそれぞれの気候特性として現れています。一方、山陰は、日本海に面しており、日本海側気候の特性が現れ、冬は内陸部や山間部を中心に寒さが厳しく、大雪等による災害が発生することがあります。

中国地方の地図 広島の気象要素の季節変動 松江の気象要素の季節変動
  

中国地方の年平年値

年平均気温(℃) 年降水量(mm) 年日照時間(h)
    

 年平均気温は、山陽の沿岸部で高く、広島市、呉市、岡山市では約16℃となっています。山陰の沿岸部は概ね15℃と山陽の沿岸部に比べて1℃程度低い気温となっています。中国山地では山陽沿岸部に比べ5℃以上低い気温となっています。
 年降水量は、島根県西部の山間部と鳥取県東部で多くなっています。平年値で最も多いのは鳥取県の鹿野で2874.9ミリと年間3000ミリ近い降水量となっています。一方、山陽では沿岸部を中心に降水量が少なく、特に広島県東部から岡山県で顕著となっており、最も少ない岡山県の玉野では1003.9ミリと最も多い鹿野の概ね3分の1となっています。
 年日照時間平年値は山陽の沿岸部で多く、山陰の山間部を中心に少なくなっています。最も多いのは岡山県の玉野で2126.4時間、最も少ないのは、島根県の赤名で1360.5時間となっています。同じ沿岸部で比較すると、山陰と山陽では冬季の日照時間の差が大きく、年間で300~400時間の差があります。


このページのトップへ



 

 春は一年中で最も気温の変動が大きく、天気変化の激しい季節で、春のはじめには冬の名残りの寒い季節風が吹くときもあります。気温は次第に高くなるため、初夏を思わせるような陽気となることがあります。
 3月から4月にかけては、空気が非常に乾燥する時期となり、山火事など火災の発生する事が多くなります。年間の最小湿度が現れるのもこの季節です。
 空を黄色に染める黄砂が見られるのもこの季節です。中国大陸北部の黄土地帯で空高く巻き上げられた細かな砂が西風に 乗って日本まで運ばれてくる現象です。
 4月から5月にかけては、移動性高気圧に覆われることが多くなります。明け方から朝にかけて地面付近の空気が放射冷却現象により熱を奪われ、気温が下がり霜の降りることがあります。この頃は農作物の発芽期にあたるため、晩霜による被害が発生しやすい時期でもあります。
 春から夏の移り変わりの時期には、日本の南海上に前線が停滞し天気のぐずつくこともあります。天気の変化が大きかったり、また周期的に変わるのもこの季節です。

 2014年3月17日9時の天気図

優勢な高気圧に覆われて全国的に晴れて、4月中旬の陽気となりました。

 平年の春の特徴

日本付近は周期的に通過する低気圧の影響を受けます。
中国地方では高気圧や低気圧の影響を交互に受け天気は数日の周期で変わります。

春(3~5月)の平均気温(℃) 春(3~5月)の降水量(mm) 春(3~5月)の日照時間(h)
   

 春の平均気温は、沿岸部では13℃~14℃前後で、山陰に比べ、山陽で高い傾向があります。中国山地では9℃以下のところもあり、山陽沿岸部の高い所とは最大で6℃程度の差が見られます。
 降水量は、山口県から島根県・広島県境付近にかけて最も多く、600ミリを超える所も見られます。一方、岡山県沿岸部を中心に少なく、最も多い山口県県境付近の半分程度となっています。
 春の日照時間は、山陰でははじめは寒気の影響を受ける時期もあることから、山陽に比べて少ない傾向があります。

このページのトップへ  コラム:春一番


 6月ごろから7月ごろは、梅雨と呼ばれる雨の多い時期があります。
 梅雨期の気象の特徴は、梅雨前線が日本付近に停滞し、前線上を低気圧が次々と進んできます。梅雨時期のはじめは、梅雨前線が日本の南にあるため中国地方への影響は小さく、大きな天気の崩れにはなりません。前線が太平洋高気圧の強まりと共に徐々に北上すると、曇りや雨の天気が続くようになります。梅雨後半には太平洋高気圧が強くなり、前線が西日本付近や日本海南部に停滞することが多くなり、前線の活動が活発となって大雨の降ることが度々あります。中国地方での記録的な豪雨も、この時期に起こっています。
 7月の後半になると、太平洋高気圧の勢力がさらに強くなり、梅雨前線が日本海北部付近へ北上し、梅雨明けとなります。

 2012年7月3日9時の天気図
梅雨前線が西日本付近に停滞し活発化。中国地方で大雨となった所がありました。

 平年の梅雨の特徴

このページのトップへ  コラム:6月の降水量



 梅雨明け後、太平洋高気圧の勢力が強いと毎日暑い晴天が続き、猛暑日となる日もあります。内陸部では日射が強く、積乱雲が発達して雷が多く発生し、激しい夕立となる所もあります。海岸部では海から吹く風が心地よくなる季節でもあります。
 盛夏期の瀬戸内沿岸においては海風から陸風に交替する夕方から夜にかけて一時的な無風状態になります。そのため耐え難い暑さになるという「瀬戸の夕なぎ」という特異な現象もあります。また、この時期は台風の発生が次第に多くなり、台風は時には中国地方にかなり接近したり上陸したりします。
   
2012年7月25日9時の天気図
太平洋高気圧に覆われて概ね晴れました。夕方には内陸部で雷雲が発生し、局地的に強い雨の降った所がありました。
平年の盛夏期(8月)の特徴
梅雨前線は北に押し上げられ不明瞭になり、中国地方は太平洋高気圧に覆われることが多くなります。
 
2012年8月28日9時の天気図

台風第15号が黄海を北上したため、中国地方には暖かく湿った空気が流れ込み、雨の降った所が多くなりました。

2012年8月28日9時の台風の進路

夏(6月~8月)の平均気温(℃) 夏(6月~8月)の降水量(mm) 夏(6月~8月)の日照時間(h)
 

 夏の平均気温は、山陽の沿岸部では26℃を超える所もあります。山陰の沿岸部では25℃未満の所が多くなっています。月毎の平均気温が最も高いのは8月で、広島県や岡山県では28℃以上の所もあります。
 夏の降水量は、春と同様に山口県から島根県・広島県境付近が最も多く、800ミリを超える所も見られます。岡山県沿岸部を中心に少なく、最も多い所の半分以下となっています。また、鳥取県の東部沿岸部も少ないことから、西で多く、東で少ない傾向があります。
 夏の日照時間は沿岸部で多く、内陸部では少なくなっています。

このページのトップへ  コラム:最近、夏が長いと思いませんか



 太平洋高気圧の勢力は依然として強く、9月中頃でも暑い状態(残暑)が続くことがあります。
9月の中頃から10月にかけ日本の南岸に前線が停滞することがあります。秋雨前線による天気のぐずつきです。  台風が西日本に接近するのもこの季節です。この頃の台風は日本に大きな災害をもたらしたものが数多くあります。これは太平洋高気圧の縁に沿って台風が移動することによるものです。特に、前線が西日本付近にあり、台風が北上接近すると前線の活動が活発となり、大雨を降らすときがあります。日降水量が100ミリ以上の大雨はそのほとんどが台風や前線が関係しています。10月は次第に天気が安定し、晴れの日が多くなります。11月に入ると時折寒気が南下し、山陰では寒気の影響からしぐれ(※)の時期が訪れます。このため、晴れの日よりも曇りや雨の日が多くなってきます。山陽では高気圧に覆われて晴れの日が多くなります。気温は除々に下がり、山間部で霜が降りるようになります。
(※) しぐれ:大陸からの寒気が日本海や東シナ海の海面で暖められて、発生した対流雲が次々に通るため、晴れや曇りが繰り返し、断続的に雨や雪の降る状態。「通り雨」として用いられる場合もある。

 2011年10月14日9時の天気図

前線上の低気圧が中国地方付近を通り、大雨となった所がありました。

 平年の秋の特徴
日本付近は周期的に通過する低気圧と高気圧の影響を受け、天気は数日の周期で変わります。10月~11月は移動性高気圧に覆われて晴天が多くなることがあります。11月は次第に冬型の気圧配置の影響を受けることがあります。

秋(9月~11月)の平均気温(℃) 秋(9月~11月)の降水量(mm) 秋(9月~11月)の日照時間(h)
秋の平均気温は、山陽の沿岸部では18℃前後のところが多くなっています。山陰では、山陽の沿岸部より1℃程度低い所が多くなっています。
 秋の降水量は、鳥取県で最も多くなっています。これは、秋には次第に寒気が南下する時期となることや、台風が東に抜けたあと、下層の北東風の影響を受けることが多いためです。鳥取県の大山付近や鹿野付近では800ミリを越える降水量となっています。岡山県沿岸部を中心に少なく、300ミリ未満の所が多く、鳥取県の多いところの約1/3となります。
 秋の日照時間は、秋の終わりは寒気の影響を受けて曇りや雨の日が多くなるため山陰で少なく、山陽の沿岸部と比較して概ね100時間程度少なくなります。特に島根県東部から鳥取県にかけてその傾向が見られます。

このページのトップへ  コラム:台風通過後の北東風

  冬型の気圧配置の時には、北西の季節風が日本海から多量の水蒸気を含んで中国山地に達するため、山陰や山陽北部は雪の降る日が多くなります。

 また、冬の天気としては、山陰や山陽北部では、しぐれ(※秋の天候に記述)の天気となる日が多くなります。山陽南部では、雪が少なく、冬の太平洋側で見られるような晴れの天気となることが多くあります。

 冬季に高気圧に覆われ穏やかな晴天の日には、地表面の熱が放射によって奪われ気温が下がる放射冷却現象により朝の気温が下がり、冷え込みが厳しくなることがあります。

 2012年12月10日9時の天気図

日本付近は西高東低の冬型の気圧配置で、北西風の季節風が強まり、日本海側に大雪をもたらしました。

平年の冬の特徴

寒気の影響により、日本海にすじ状の雲(雪雲)が発生。山陰や山陽北部では雪雲が侵入し、曇りや雪(又は雨)となります。山陽では晴れることが多くなります。

冬(12月~2月)の平均気温(℃) 冬(12月~2月)の降水量(mm) 冬(12月~2月)の日照時間(h)

 冬の平均気温は、山陽の沿岸部を中心に高く、6℃を超える所も見られます。山陰でも西部沿岸部では6℃を超えるところがあります。中国山地沿いを中心に2℃以下のところが多くなっています。月毎の平均気温が最も低いのは1月で、月の平年値が0℃以下の所もあります。

 冬の降水量は、中国山地を境に北側で多く、南側で少ない傾向となっています。山陽南部の多くでは100~150ミリ程度の所が多くなっています。山陰や中国山地の北側を中心に多く、鳥取県の殆どのところで400ミリを超えています。

 冬の日照時間は山陽沿岸部では多く、山陰や中国山地沿いでは少なくなっています。山陰では、概ね山陽沿岸部の半分程度の日照時間となっていいます。

このページのトップへ  コラム:中国地方の大雪について