気象情報とは

 警報・注意報に先立って注意を呼びかけたり、警報・注意報を発表している間に気象状況の経過や予想、防災上の注意を解説するために「気象情報」を発表しています。

気象情報の種類と説明

気象情報 予告機能 注意報・警報に先立って注意を促すために予想される現象の概要などを解説します。
注意報・警報に相当する気象現象が予測される半日から1日前に発表しますが、連休前などは防災上の観点から2、3日前でも発表することがあります。台風に関する気象情報のほか、現象名(大雨・大雪・暴風・高波)に関する気象情報があります。
注意報・警報の補完機能 注意報・警報が発表された後の経緯や予想、防災上の注意点、警戒点を解説します。台風に関する気象情報のほか、現象名(大雨・大雪・暴風・高波)に関する気象情報があります。
その他 航空機の運行への影響や、日常生活に広い範囲で影響を及ぼす黄砂が確認され、翌日以降も継続する可能性が高いときに、黄砂に関する情報を発表します。

  
記録的短時間大雨情報 速報機能 大雨警報を発表中に数年に1度しか現れないような、記録的な短時間の大雨を観測したときに、実況を速報し防災効果を高めることを目的として発表される大雨情報です。厳重な警戒が必要です。
*鹿児島県の記録的短時間大雨情報の基準は、1時間雨量120ミリ以上です。

  
天候情報 注意喚起機能 長雨・少雨・高温・低温・日照不足・梅雨など比較的長期にわたる現象について解説します。農作業従事者など、被害や影響が予想される場合には、これらの情報を参考にしてください。