九州南部の平年の天候

九州南部
図1 九州南部の地勢図

 気温は、盛夏となる7月~8月が1年のうちで最も高くなり、平均気温は27~28℃になります。一方、1月の平均気温は年間で最も低くなり7~8℃となります。
 降水量は、3月~9月が多いです。特に梅雨の時期となる6月~7月にかけてが顕著に多く、年降水量の約3割がこの期間に降ります。冬の降水量は極端に少なくなり、夏の1/5程度の雨量となります。また、宮崎の8月~9月は太平洋からの湿った東風により梅雨の時期に次いで降水量が多いです。
 日照時間は、鹿児島では、太平洋高気圧に覆われて晴れる日が多い7~8月が最も多くなります。一方、梅雨の時期となる6月と、冬の寒気の影響により曇りの日が増える1月~2月が最も少ないです。宮崎では、梅雨の時期となる6月の日照時間が最も少ないですが、その他の月は150時間以上が続きます。

鹿児島の気象要素の季節変動
図2 鹿児島の気象要素の季節変動
宮崎の気象要素の季節変動
図3 宮崎の気象要素の季節変動
凡例

春の天候(3月~5月)

2012年5月15日の天気図
図4 2012年5月15日09時
   地上天気図

低気圧が本州を東進し、前線が九州付近を南下したため、九州南部は曇りや雨の天気となりました。

 春になると冬型の気圧配置が次第にくずれはじめます。低気圧と高気圧が交互に通るため、天気は晴れの日と雨の日が交互に現れ、周期的に変わるようになります。4月も半ばになると太平洋高気圧が次第に強まり、それまで周期的に通過していた高気圧も北に片寄るようになり、九州南岸に前線が停滞し、天気がぐずつくことがあります。梅雨を思わせるようなうっとうしい時期のことを「梅雨のはしり」とよびます。このような現象は年によって違い、明瞭な現象がないまま梅雨になる年もあります。

夏の天候(6月~8月)

2012年7月31日の天気図
図5 2012年7月31日09時
   地上天気図

九州南部では高気圧に覆われて晴れたため、多くの地点で真夏日を観測しました。

 6月~7月上旬が梅雨の時期です。この時期が一年の中で最も雨が降りやすく、稲作などには恵みの雨となる一方、梅雨末期の集中豪雨など雨による災害が起きやすくなる時期でもあります。
 7月も中旬に入ると太平洋高気圧が安定して張り出すようになり、梅雨が明けて盛夏へと移行します。太平洋高気圧圏内では、高温多湿となるため蒸し暑い日々が続きます。また、梅雨期間は広範囲に降っていた雨も、局地的な降り方へと変わり降水量も少なくなります。
 九州南部は台風の常襲地帯です。台風の接近数(上陸、通過も含む)は九州南部・奄美地方とも9月が最も多く、6月から10月にかけて集中しています。

秋の天候(9~11月)

2012年10月20日の天気図
図6 2012年10月20日09時
   地上天気図

帯状の移動性高気圧に覆われ九州南部では晴れの日が続きました。

 9月中旬になると太平洋高気圧の勢力も次第に弱まり、大陸からの移動性高気圧と低気圧が交互に日本付近を通るようになり、晴れの日と雨の日、暖かい日と寒い日が周期的に現れるようになります。また、移動性高気圧と太平洋高気圧との境に前線が形成され秋雨前線とよばれます。秋雨前線は東日本ほど明瞭で、九州南部や奄美地方でははっきりしない場合が多いです。10月の中旬になると、大陸からの移動性高気圧と低気圧が交互に通り、天気は周期的に変わるようになります。また、帯状の高気圧が現れると晴天が何日も続きます。
 九州南部の最高気温は立秋を境に下降をはじめますが、残暑は太平洋高気圧の弱まる9月中旬頃まで続きます。

冬の天候(12月~2月)

2010年12月31日の天気図
図7 2010年12月31日09時
   地上天気図

大荒れの大晦日
強い冬型の気圧配置となり、全国的に風が強くなりました。鹿児島、宮崎で初雪を観測し、鹿児島では最深積雪22cmの大雪を記録しました。

 この時期は、シベリア付近には寒気を伴った優勢な高気圧が停滞します。一方、アリューシャン付近では低気圧が発達するため、西高東低の冬型の気圧配置となり、大陸から寒冷な季節風が吹きやすくなります。
 冬型の気圧配置が強くなり、季節風による寒気が入るようになると、東シナ海側では曇雨天の日が多くなり、太平洋側では晴天の日が多くなります。これは、東シナ海側では大陸から東シナ海を渡ってくる冷たい季節風が、暖かい海面から水蒸気の供給を受けて出来る団塊状の雲が次々に流れ込むことにより生じます。一方、季節風によって運ばれてきた雲は、山の西側に雨や雪を降らせ、山の東側で水分を失って乾いた空気が吹き下りてくるため、大隅地方や宮崎県では晴天が多くなります。