金沢地方気象台

      出前講座について


自然災害に備え、被害を軽減するためには、気象の特性などについて日頃から理解しておくことが大切です。
気象台では、気象台の業務や気象・地震・火山・気候変動などについての理解を深め、防災に対する知識を高めていただくことによって、地域の防災力がアップすることを目的として、職員を講師として派遣する「出前講座」を行っています。
 なお、一部の講座を一般社団法人日本気象予報士会に所属する気象予報士が担当する場合もあります。


出前講座の案内
対象 学校防災を目的としたもの及び地域住民への防災知識の普及啓発を行っていただけるリーダーの育成を目的とした講演会などに限らせていただいております。また、営利を目的とした講演会の一部としてはお受けできません。
費用 講演料(謝金)は不要です。ただし、交通費のご負担をお願いしております。
申し込み 講演の趣旨・テーマ・日時・場所・対象者・人数などが決まりましたら、1ヶ月前までに気象台業務・危機管理担当(窓口)までご連絡ください。事前のお問い合わせやご相談もお受けしますのでご連絡下さい。
連絡事項 講座は、原則として平日の勤務時間内(9時~17時)とさせていただきます。
業務多忙等により、講師の調整がつかない場合はお断りすることもあります。
重大な気象災害の発生の恐れがある場合や大きな地震が発生した時などは、当日又は講演途中でも中止にさせていただく場合があります。

問い合せ先 金沢地方気象台 業務・危機管理担当(窓口)
電話 076-260-1461(平日08:30~17:15)
FAX 076-260-9226
出前講座申込書(PDF形式)をダウンロードして、FAXで申込み願います。