金沢地方気象台

お知らせ
気象証明について

気象証明とは

気象証明は気象台や測候所、地域気象観測所で観測された観測値の事実について証明するものです。
 金沢地方気象台では、石川県内の観測地点での観測記録について証明書を発行しています。
 気象証明は落雷等により電子機器が故障した場合に保険請求する時や、裁判等の資料として利用されています。

<気象証明を受けるためには>

証明を受けようとする事実、目的、必要事項を記入した「証明・鑑定依頼書」を提出していただきます。なお、依頼書を提出する前に必ず当該日の気象状況をお問い合わせ下さい(場合によって証明する事実が存在しないこともあります)。

 お問い合わせはこちら

<依頼書の提出>

気象証明発行には1通(5枚まで)につき、窓口で申請される場合(郵送による申請を含む)は収入印紙で5,300円、電子申請の場合は5,200円必要となります。
 また、気象鑑定発行には1通(5枚まで)につき、窓口で申請される場合(郵送による申請を含む)は収入印紙で7,900円、電子申請の場合は7,800円必要となります。
 窓口で申請される場合には依頼書に必要事項を記入していただき、お申し込み下さい。


詳細な提出方法につきましてはこちらをご覧下さい。 気象証明・鑑定について

証明・鑑定依頼書と記入例です。(PDFファイルです。) 証明・鑑定依頼書


< 気象証明の発行>

受付から発行までは、概ね一週間程度かかります。気象証明ができあがった段階で気象台から連絡します。郵送を希望される場合は、お申し込みの際に切手を貼った返信用の封筒を添付してください。書類の性質上、送付及び受け取りが確認できる「簡易書留」とされることをお勧めします。