金沢地方気象台について

気象台の役割

 近年、地球温暖化の影響もあり、全国的に大雨や洪水による大きな災害が頻発しています。
 金沢地方気象台では大雨をはじめ暴風、大雪、地震、火山などの自然現象を常時監視しながら、適切に各種防災情報を県、各市町及び県民の皆様に提供しており、防災官庁としての役割を担っています。

気象台の業務

担当 業務の概要 電話番号
業務・危機管理グループ

気象台の庶務、経理、人事、福利厚生、庁舎管理
各種総合窓口(行政相談、気象台見学、出前講座、講師派遣、取材などの受付)
職員の採用、気象予報士受験に関する案内

076-260-1461
平日(08:30~17:15)

防災管理グループ

気象災害の防止に関する調査及び注意報、警報の発表基準の作成
防災気象情報の利用、普及、解説など地域防災対策支援に関する関係機関との連絡調整
指定河川洪水予報、土砂災害警戒情報に関する関係機関との連絡調整
噴火警報のレベル化導入に係る県との連絡調整
地震による災害の防止に必要な知識の普及と情報の利用促進
県・市町地域防災計画作成に関する指導と助言
気象証明の発行及び気象資料の閲覧・相談
アメダスや震度観測施設の保守管理
大雨、突風等の調査の実施及び現地災害調査報告、気象速報などの刊行

076-260-1462
平日(08:30~17:15)

観測予報管理グループ

地上気象観測、高層気象観測、生物季節観測、計測震度観測
府県天気予報、府県週間天気予報、地域時系列予報の発表
特別警報、警報、注意報、指定河川洪水予報、土砂災害警戒情報、府県気象情報等の発表
気象等の解析、予報及び警報に関する調査
気象等に関する知識の普及及び気象等に関する情報の利用促進

076-260-1463
平日(08:30~17:15)

テレフォンサービス

提供内容 名称 電話番号

現在発表中の特別警報、警報・注意報
天気予報と直近の観測結果(風向・風速、気温、湿度、気圧)
(加賀地方または能登地方、金沢または輪島を選択可能)

気象情報自動応答電話 076-260-8080

現在発表中の特別警報、警報・注意報と天気予報
観測結果(金沢または輪島の風向・風速、気温、湿度)

NTTテレホンサービス 0762-177(加賀地方)
0768-177(能登地方)
週間天気予報 NTTテレホンサービス 076-233-0177

アクセス


所在地

〒920-0024 金沢市西念3丁目4番1号 金沢駅西合同庁舎8階

交通機関

  • JR北陸新幹線、JR北陸本線、IRいしかわ鉄道「金沢」駅から徒歩20分
  • 金沢駅西口6番バス乗り場から"県庁方面"行きのバス乗車。北鉄バス「駅西合庁前」バス停から徒歩1分