ホーム > 知識 > キッズコーナー > ペットボトル雨量計の作り方

ペットボトルを使ってかんたんな雨量計を作ってみよう!

カッターナイフを使うときは、あぶないので、かならず、おとなの人に手伝ってもらいましょう。
ペットボトルの切りくずは、足でふみつけたりするとケガをします。かならずゴミ箱にすてましょう。

雨量計のかんせいしゃしん

[用意する物]
ペットボトル(1.5リットル、500ミリリットル)
ものさし(30センチくらい)
油性ペン・カッターナイフ・せっちゃくざい・板

[作り方]
ケガをしないようにきあいを入れる!
ペットボトル(1.5L)の下から20センチくらいのところ(くびれているところはさけて下さい)をカッターナイフで切りはなします。(ものさしに油性ペンをこていし、設計図のようにしてしるしを付けてから切るとかんたんです。)
同じようにして、ペットボトル(1.5L)の下の方2~3センチくらいも切りはなします。切りはなした底の方は使わないのでゴミ箱にすてましょう。
さらに同じようにして、ペットボトル(500ml)も下から15センチくらいのところで切りはなします。口の方は使わないのでゴミ箱にすてましょう。
ペットボトル(500ml)に「特製めもり」をはりつけます。底から2~3センチ上にずらしてまっすぐにはって下さい。
「特製めもり」つきペットボトル(500ml)をペットボトル(1.5L)の下の部分に入れ、ペットボトル(1.5L)の口の部分をさかさまにして、ふたをします。
風が吹いてもたおれないようにせっちゃくざいで雨量計を板にこていします。これで雨量計のできあがりです。

[使い方]
はかる前に、めもりのゼロのところまで色つき水(えのぐなどで色をつけて下さい)を入れておきます。
板のうえにオモリをおいて風で飛ばないようにし、観測を始めます。
雨がふりやんだらなるべく早くはかってください。終わったら、よぶんな水をすててゼロのところにもどしておきます。
雨量計の中の水(色つき水)は、じょうはつしやすいのでときどき水をたして下さい。

[ふろく]
特製めもりつき設計図(PDFファイル:44KB)

[保護者の方へ]
特製目盛りは、ペットボトル(1.5L)とペットボトル(500ml)の直径を それぞれ、9.2センチと6.5センチとして計算されたものです。(印刷は縮小せず100%でおこなってください。)


All rights reserved, Copyright (C) 2013 Kobe Local Meteorological Office.