太陽のマーク    業務概要 高知地方気象台

 トップ > 業務概要

 1 防災気象業務(特別警報、警報、注意報、気象情報など)

(1)特別警報、警報、注意報、気象情報など
 災害の起こるおそれのある気象現象が予想される場合には、防災気象情報(特別警報、警報、注意報や気象情報、竜巻注意情報など)を発表します。

(2)指定河川洪水予報
 国土交通省と共同で、四万十川水系、仁淀川水系、物部川水系を対象に、指定河川の洪水予報を発表しています。

(3)土砂災害警戒情報
 大雨警報(土砂災害)が発表されている状況で、土砂災害発生の危険度が非常に高まったときに、市町村を特定して高知県と共同で発表しています。

(4)火災気象通報
 消防法の規定に基づき、気象状態が火災の予防上危険であると判断したとき、その状況を高知県知事に通報しています。


 2 天気予報業務

(1)天気予報
 県内を中部・東部・西部に分割し、5時(今日、明日)、11時(今日、明日、明後日)、17時(今夜、明日、明後日)の1日3回天気予報(天気、気温、降水確率、風、波浪、地域時系列予報)を発表しています。

(2)週間天気予報
 高松地方気象台が発表する地方週間天気予報に基づき、府県週間天気予報を11時、17時に発表しています。

(3)季節予報
  高松地方気象台が発表する1ヶ月予報、3ヶ月予報、暖候期及び寒候期予報などの季節予報を取次ぎ、関係機関に通報しています。また、各機関の要望に応じて予報の解説を行っています


 3 観測業務
(1)地上気象観測
 気象観測(気圧、気温、湿度、風向、風速、降水量、積雪の深さ、日射量、日照時間、目視による視程・雲の状況)を自動観測装置及び職員により行っています。
 観測露場は、気象台から北東に約2km離れた高知市比島町(旧気象台跡)にあります。
(2)地域気象観測
 雨、風などの気象状況を時間的、地域的に細かく監視するために、地域気象観測所(アメダス)26ヶ所(内気象官署1ヶ所)で観測を実施しています。
(3)気象レーダー・ウィンドプロファイラ観測
 集中豪雨をもたらす雷雲などを監視するため、室戸市室戸岬町に気象レーダーを、大雨の要因となる上空の風の動きを監視するため高知市比島町と土佐清水市足摺岬にウィンドプロファイラを設置し、観測を行っています。

(4)生物季節観測
 動物や植物の状態が季節によって変化する現象を観測する生物季節観測を実施しています。
 (植物) (動物)


 4 地震、津波、潮汐業務

(1)津波警報や地震情報
 大阪管区気象台の発表する津波予報事項の伝達や地震及び津波に関する情報を取り次ぎ、関係機関に通報しています。

(2)地震観測
 高知地方気象台及び特別地域気象観測所(清水、宿毛、室戸岬)において、計測震度計により震度観測を行っている他、県内に津波地震観測局5ヶ所、震度観測施設8ヶ所を設置し観測を行っています。
 観測機器配置図参照

(3)潮汐及び津波観測
 土佐清水市、高知市、室戸市に設置した観測装置で潮汐観測を実施してます。また、この検潮所では巨大津波観測計を設置し巨大な津波の観測を行えるようにしています。
  観測機器配置図参照

 5 防災、広報業務

(1)関係機関との連携
  高知県や市町村が開催する防災会議や水防会議、防災訓練等に参加し、災害の防止・軽減のために防災機関との連携の強化・拡充に努めています。

(2)気象資料照会等
  日々の天気や気温等、各種気象資料の閲覧や気象証明及び照会に対応しています。

(3)防災情報や気象知識の普及・啓発
 気象台の行っている業務や気象・地震・気候変動等の知識の普及・啓発のために、講演会や講師を派遣しての「出前講座」等の活動を行っています。


 トップ >業務概要 Kochi  Meteorological  Office