太陽のマーク 気象観測施設の届出・気象測器の検定 高知地方気象台

 トップ > 気象観測施設の届出・気象測器の検定

1 気象観測施設の届出(設置・変更・廃止)
 政府機関または地方公共団体が気象観測を行う場合(研究や教育のための観測を除く)、又はそれ以外の方が観測の成果を発表するため、あるいは災害の防止に利用することを目的として気象観測を行う場合には、技術上の基準に従って行い、気象観測施設設置の届け出を気象庁長官に行うことが義務付けられています(気象業務法第6条)。

 詳しくは国土交通省気象庁HP「気象観測施設の届出・気象測器の検定について」を参照願います。
 なお、高知県内の観測施設の届出は、高知地方気象台になります。また、気象観測施設を設置した場合は、30日以内に届出が必要です。  

2 気象測器の検定
 政府機関または地方公共団体が気象観測を行う場合(研究や教育のための観測を除く)、又はそれ以外の方が観測の成果を発表するため、あるいは災害の防止に利用することを目的として気象観測を行う場合には、正確な観測、観測方法の統一を確保するために、一定の構造・性能を有し、観測精度が維持された気象測器を使用する必要があります。
 この気象測器(温度計・気圧計・湿度計・風速計・日射計・雨量計・雪量計)は、観測に適したものであるかの検査である「検定」に合格したものでなければなりません。
気象業務法第9条)。

3 問い合わせ先
 気象観測施設の届出・気象測器の検定について、ご不明な点がございましたら、

  電話番号 
  088-822-8882(防災管理官室)
  08:30~17:15(土日、祝日を除く)


 まで、お問い合わせください。


 トップ > 気象観測施設の届出・気象測器の検定 Kochi  Meteorological  Office