太陽のマーク    ウィンドプロファイラ 高知地方気象台

 トップ > ウィンドプロファイラ

  ウィンドプロファイラは、気象ドップラーレーダーと同じ原理を利用し、真上と東西南北の5方向に電波を発信し、雨粒やチリ、埃などから反射してきた信号を解析して、それぞれの信号の差から、上空の風を観測しています。高知県では高知市(比島)と清水市(足摺岬)に設置されています。観測施設は無人で、気象庁(本庁)から遠隔で操作しています。
ウィンドプロファイラ高知(高知市比島) ウィンドプロファイラ清水(土佐清水市足摺岬)
ウィンドプロファイラを上から見た所
(参考)ウィンドプロファイラの原理など(気象庁ホームページ)