太陽のマーク    昭和45年台風第10号 (1970年8月20日~21日) 高知地方気象台
 高知地方気象台トップ > 過去の気象災害 >昭和45年台風第10号

概況
8月16日12時にパガン島の北西約350kmの海上で発生した台風第10号は北西に進み、20日03時には潮岬の南約850kmに達し、中心気圧910hPa、最大風速55m/sとなった。その後、台風は毎時30kmとやや速度を速め、次第に衰えながら北上し、21日08時過ぎ高知県佐賀町付近に上陸、11時過ぎには愛媛県松山市付近から瀬戸内海に入り、12時頃には広島県呉市付近に再上陸、15時頃には島根県松江市西方から日本海に抜けた。
高知県は21日早朝から昼頃にかけ台風の暴風域に入り、高知市では09時00分に最大風速29.2m/s(観測史上1位)、09時05分に最大瞬間風速54.3m/s(観測史上1位)を観測した。また、土佐湾沿岸では異常な高潮が発生し、さらに満潮時と重なったため、海水は防潮堤や河川護岸を乗り越えあるいはそれを決壊してあふれ、高知市周辺一帯に大災害をもたらした。

台風経路図
台風経路図

注) 左の数字は日付、右は中心気圧(hPa)、は09時、は21時を表す。



積算降水量分布図(mm) 1970年8月20日19時~8月21日24時
積算雨量分布図


8月21日0時~23時の潮位
8月21日0時~23時の潮位


桂浜の検潮所では、最大潮位313cm、最大偏差235cmを
観測し、痕跡からはさらに高くなっていたと推測される。    .
TP:東京湾平均海面(陸地の標高、海抜と同じ)


高知県沿岸における最高潮位(TP基準cm)
高知県沿岸における最高潮位


風の極値及び被害状況
気象官署における風の極値
   最大風速 最大瞬間風速
風向
(16方位)
風速
(m/s)
起時
(日時分)
風向
(16方位)
風速
(m/s)
起時
(日時分)
高 知 E 29.2 21.0900 E 54.3 21.0905
宿 毛 SSW 27.8 21.1050 W 41.0 21.0922
清 水 SW 35.8 21.0935 SW 46.8 21.0927
室戸岬 E 51.7 21.0630 E 64.3 21.0625
高知県内の被害状況
 死者・行方不明者(人) 13
 家屋全半壊(棟) 4439
 床上浸水(棟) 26001
 床下浸水(棟) 14292



雨量表
雨量表
:見やすいサイズの雨量表はこちら


 高知地方気象台トップ > 過去の気象災害 >昭和45年台風第10号 Kochi Meteorological Office