太陽のマ-ク    昭和51年台風第17号(1976年9月8日~13日) 高知地方気象台
 高知地方気象台トップ > 過去の気象災害>昭和51年台風第17号

概況
9月3日トラック島の北西海上で発生した台風第17号は、急速に発達しながら北西に進み8日9時南大東島の南海上で中心気圧910hPa、最大風速60m/sとなった。台風は9日午後、沖縄本島の東で進路を北に変えて進み、奄美大島付近に達した10日夜から速度を落とし、その後鹿児島の南西海上で強い勢力を保ったまま30時間にわたって停滞した。台風は12日午後になってようやく北北東に動き出し、13日01時40分長崎市付近に上陸、14日06時に日本海で温帯低気圧に変わった。
台風が沖縄の南東海上を北上中の8日から9日にかけては西日本に停滞する前線の影響で県中部や東部を中心に大雨となった。また、10日夜から12日朝にかけては台風を取り巻く雨雲により県中部や東部を中心に著しい豪雨となった。特に高知市では12日午後から雨が強くなり18時までの1時間に89.5mm、20時までの1時間に69.0mmを観測、高知市の日雨量は11日377.0mm(観測史上3位)、12日524.5mm(観測史上2位)を観測した。また、8日から13日までの総雨量は、千本山(四国電力)1871mm、長沢(四国電力)1850mm、柿の又(県)1825mmに達し、高知市でも1305mmに達した。このため、被害は鏡川流域に集中、高知市の各河川はことごとく氾濫し、満潮時と重なったこともあって、全市水浸しとなった。
 ※ 徳島県の日早(四国電力)では11日の日雨量1114mm、総雨量2781mmで日本観測史上最大級の雨量を観測

台風経路図
台風経路図

注) 左の数字は日付、右は中心気圧(hPa)、○は09時、●は21時を表す。


積算降水量分布図(mm) 1976年9月7日~9月14日
積算降水量分布図


風の極値および県内の被害状況
気象官署における風の極値
   最大風速 最大瞬間風速
風向
(16方位)
風速
(m/s)
起時
(日時分)
風向
(16方位)
風速
(m/s)
起時
(日時分)
高 知 ESE 10.7 13.0730 S 21.7 13.0830
宿 毛 SSE 13.0 13.0440 SSE 28.8 13.0630
清 水 SSE 12.9 13.0520 SSE 23.0 13.0510
室戸岬 S 22.4 13.1050 S 31.1 13.1050
高知県内の被害状況
 死者・行方不明者(人)
 家屋全半壊(棟)  175
 床上浸水(棟) 17316
 床下浸水(棟) 30668


雨量表
雨量表

見やすいサイズの雨量表はこちら

 高知地方気象台トップ > 過去の気象災害>昭和51年台風第17号 Kochi Meteorological Office