ホーム動物観測表(2016年~)
 
 生物季節観測は、植物および動物の状態が季節によって変化する現象を観測することによって、生物に及ぼす気象の影響を知るとともに、その観測結果から季節の遅れ進みや気候の違いなど総合的な気象状況の推移を知ることを目的としています。
○植物については、開花や発芽、紅(黄)葉などの現象を、動物については、初見や初鳴の現象を観測をしています。
○観測の方法は、観測員の目視または聴覚による認識によって行われ、現象を確認した日が記録されます。

※平年値は、1981年から2010年の30年間平均値。    
※このページの更新は平日に行います。観測日が休日の場合は休日明けの更新となります。
 
用語の説明 
用語 説明
植物  開花(日) 花が数輪(サクラの場合は5~6輪)以上開いた状態
 発芽(日) 春になって気温が上昇するにつれて活動し始めた植物の、鱗片が割れて中から葉片や花片が見えてきた状態のとき
 満開(日) 咲き揃ったときの約80%以上が咲いた状態のとき
 紅(黄)葉(日) 葉の色が大部分紅(黄)色系統の色に変り、緑色系統の色がほとんど認められなくなった最初の日
 落葉(日) 葉の約80%が落葉した最初の日
動物  初見(日) 対象とする動物の姿を初めて見た日
 初鳴(日) 対象とする動物の鳴き声を初めて聞いた日
    
種目 現象 本年
(2019年)
2018年
(平成30年)
2017年
(平成29年)
2016年
(平成28年)
平年値 最早 最晩
ウグイス 初鳴 2月26日  3月2日 3月11日 2月22日 2月28日 2月7日
2002年
3月20日
1996年
モンシロチョウ 初見 3月9日 3月22日 3月20日 3月7日 3月9日 2月20日
1959年
4月1日
1996年
ヒバリ 初鳴 3月21日 3月11日 4月16日 3月28日 3月14日 2月12日
1992年
4月22日
2000年
ツバメ 初見 3月17日 3月20日 3月29日 3月24日 3月20日 3月7日
2013年
4月12日
1955年
トカゲ 初見 4月17日 3月28日 3月30日 欠測 3月26日 2月18日
1959年
4月27日
2012年
ニホンアマガエル 初見 4月10日 4月18日 欠測 4月3日 4月1日 3月9日
1980年
5月1日
2011年
トノサマガエル 初見 欠測 欠測 欠測 欠測 4月5日 2月28日
2006年
5月3日
2005年
キアゲハ 初見 欠測 欠測 欠測 欠測 4月16日 3月9日
1958年
5月10日
2009年
ハルゼミ 初鳴 5月2日 4月27日 5月1日 4月28日 4月27日 4月9日
1979年
5月14日
1996年
シオカラトンボ 初見 5月9日 5月12日 5月14日 欠測 5月4日 4月3日
1961年
6月24日
1996年
ホタル 初見 5月23日 6月1日 5月16日 5月14日 5月16日 5月6日
1999年
6月1日
2018年
ニイニイゼミ 初鳴 6月24日 6月24日 6月28日 6月17日 6月26日 6月12日
1998年
7月10日
1957年
アブラゼミ 初鳴 7月12日 7月11日 7月7日 7月1日 7月12日 6月27日
1998年
7月29日
1962年
クマゼミ 初鳴 7月5日 7月1日 7月5日 7月3日 7月6日 6月28日
1960,2005年
7月16日
1981,1986年
ヒグラシ 初鳴 7月16日 7月10日 7月5日 6月29日 7月7日 6月17日
1998年
8月8日
1982年
ミンミンゼミ 初鳴 7月15日 7月14日 7月5日 7月16日 7月11日 6月30日
1998年
7月30日
1982年
ツクツクホウシ 初鳴   7月28日 8月2日 8月1日 8月1日 7月10日
2002年
8月18日
1962年
モズ 初鳴   9月18日 9月20日 欠測 9月14日 8月23日
1992年
10月8日
1958,2011年
アキアカネ 初見   欠測 欠測 欠測 9月17日 8月15日
1992年
10月5日
1989年
   植物観測表を見る

著作権、リンク等について
高知地方気象台 TOPへ戻る