防災情報等のリンク集
気象統計情報
気象等の知識
甲府地方気象台について
案内・申請・リンク
ホーム>甲府地方気象台について

甲府地方気象台はこのような仕事を行っています


気象庁では、自然現象を監視して、自然災害の予防を行うと同時に、交通の確保、産業の興隆などに気象業務を役立たせるため各都道府県に管区気象台や地方気象台を配置しています。山梨県には甲府地方気象台が配置され、日常の天気予報や台風、暴風、大雨などについての警報・注意報・気象情報や地震火山に関する情報などを適宜適切に防災機関や関係機関及びテレビやラジオなどの媒体を通じて県民に提供し、防災機関として重要な役割を果たしています。

○甲府地方気象台の仕事(業務概要)

予報業務
毎日の天気予報や週間天気予報を発表するほか、気象状況に応じて各種の警報・注意報・情報を随時発表し、気象災害の防止・軽減に努めています。

観測業務
「地上気象観測」では地上の気圧、気温、湿度、風向風速、天気、降水量等の気象要素及び、霧、雷等の気象現象について観測しているほか、「生物季節観測」では植物、動物の状態が季節によって変化する現象を観測しています。
また「地域気象観測」では地域気象観測システム(アメダス)の観測所を県内に設置し、集中豪雨など局地的な気象現象等の常時観測を行っています。

地震観測
県内に計測震度計を設置しており、観測したデータは東京の気象庁にテレメータされ、地震情報等に反映されています。甲府地方気象台では、気象庁が発表したこれらの情報を関係防災機関等に伝達しています。

防災業務
防災機関等と防災気象情報等の利用について密接な連絡を図り、気象災害の防止・軽減に努めています。また、気象業務についての解説や講演会への講師派遣等を実施し、気象や防災知識の普及を図っています。

業務の詳細につきましては、甲府地方気象台防災担当(気象台2階)TEL055-222-9101へお問い合わせ下さい。

※天気予報などはできる限り、テレビ・ラジオ・新聞、またはNTTの天気予報サービスをご利用ください。

なお、流星群や日食・月食等の天文に関する問い合わせは国立天文台へお問い合わせ下さい。