総合案内(総務・広報)

このページには、気象台の概要、所在地・連絡先、各種ご案内事項等を掲載しています。

目次

気象台の役割

山梨県内の気象・地震など各種自然現象を監視し、大雨をはじめ暴風、大雪、地震、火山などの防災情報を県内の防災関係機関に提供し、防災・減災につながるよう防災官庁としての役割を担っています。

広報イベント

お天気フェア2021は終了しました。ご視聴ありがとうございました。
現在、イベントの予定はありません。

出前講座・施設見学・取材

気象台では、気象業務や防災情報等の解説のため講師の派遣(出前講座)や、施設見学の受け入れを行っています。 ご希望される方は事前の申し込みが必要です。申し込み方法や内容は、普及啓発・情報利用推進のページをご覧ください。また、取材をご希望される方は、この申請書に記入して申し込んでください。
なお、現在、新型ウィルス感染症対策のため、通常の対応ができない場合がありますので、ご了承ください。

資料提供・各種届出・申請

気象庁や気象台のホームページでは観測データをはじめとして様々なデータ・資料を提供しています。ホームページにない資料については、気象台で閲覧できる場合があります。(気象資料の入手・閲覧

気象等に関する証明書・鑑定書の発行を行っています。(気象証明・鑑定

気象観測を行う場合、観測施設の届出や気象測器の検定が必要な場合があります。(気象観測施設の届出・気象測器検定

組織・沿革

組織図

甲府地方気象台は明治27年8月、甲府市大字西青沼に県の機関として、山梨県立甲府測候所が創立され、1日6回の気象観測と気象通報を開始しました。 その後、昭和13年に国営に移管となり、昭和20年甲府市空襲により庁舎・付属舎が全焼(当時の住所は甲府市伊勢町)しましたが、昭和26年11月に甲府市飯田町に新庁舎(木造平屋)が完成し、翌年1月から業務を開始しました。 その後、昭和32年9月、甲府地方気象台に昇格し、平成5年3月に老朽した庁舎に代わり、新庁舎(鉄筋コンクリート3階建)が完成し現在に至っています。

主な業務内容は、気象および地震の観測データに関する統計業務、気象等の証明および鑑定、観測業務(気圧・気温・風などの地上気象観測、地震観測)、予報業務(山梨県天気予報、警報・注意報等の発表、各種気象情報の発表)を行っています。

所在地・アクセス

住所:〒400-0035 山梨県甲府市飯田4-7-29
電話:055-222-3634(代表)
交通:甲府駅から約1.5km。バス停「甲府地方気象台」から徒歩1分。入り口は飯田通り側です。

案内図

電話番号

目的等 電話番号 備考
総務・広報に関すること(代表) 055-222-3634 平日 08:30から17:15まで
防災(気象・地震・火山)および地域防災対策支援に関すること 055-222-9101 平日 08:30から17:15まで
天気予報や観測結果の自動応答サービス 055-222-4177 24時間対応

●天気相談所等のご案内
気象庁本庁(東京都港区虎ノ門)には、天気に関すること等に電話で対応する天気相談所が設置されています。 天気相談所では、「天気に関すること」「気象や予報に関する用語の解説」「注意報や警報の基準値、予報細分域や発表状況の解説」の相談に応じています。 また、気象庁本庁には他に、気象庁図書館(国立国会図書館支部気象庁図書館)総合閲覧窓口も設置されています。

このホームページについて

甲府地方気象台のホームページは、気象庁ホームページの利用規約に準拠して運用しています。