熊谷地方気象台トップへ JMA…気象庁ホームページへのリンクです。障害等で更新されない場合があります。
サイトマップ リンク集
熊谷地方気象台Top >> 気象証明の発行について(はじめに)
気象証明の発行について(はじめに)
気象証明・鑑定とは?

 気象庁では気象業務法第35条に基づいて、観測の結果や警報・注意報の発表状況について、依頼を受けたその事実を観測記録から確認した場合に「証明書」を、各種観測資料をもとに科学的に事実を判断した場合に「鑑定書」を発行しています。また、依頼書自体に記載された気象現象等の内容について、その事実を観測記録等で確認した場合には「奥書証明」を行います。
 この気象証明・鑑定については、まずは最寄の都道府県等の気象台にご相談下さい。(埼玉県内の場合は熊谷地方気象台です。埼玉県以外の場合は、こちらの担当窓口一覧JMAをご確認下さい。)
 なお、各気象台の管轄外の海上におけるものや、広い範囲にまたがる場合の気象鑑定等は気象庁本庁JMAで扱っています。

まず、ご確認下さい。~「気象証明が必要ですか?」~

 気象台には「○月○日の落雷で電化製品が壊れたので、保険請求のため落雷証明が欲しい。」等の問い合わせがありますが、気象台では落雷証明の発行、落雷に関する被災証明・り災証明の発行はしておりません。

 熊谷地方気象台で雷に関して証明できる内容は以下の2点です。
・熊谷地方気象台における雷電、雷鳴、電光の観測記録
 観測者が気象台から電光を見た、雷の音を聞いたという記録です。
 ※ 埼玉県内では熊谷地方気象台以外で雷の観測は行っていません。

・熊谷地方気象台で発表した雷注意報の発表状況
 雷により災害が発生するおそれがあると予想したときに発表するものです。その地域において雷が発生しやすい気象条件が予想されていたということです。

 なお、民間気象会社の中には落雷証明書の発行サービス(有料)を行っているところがあります(インターネットの検索サイトで「落雷証明」等のキーワードで検索できます)。

 気象台では、雷の観測は人間が行っているため、埼玉県の場合は、熊谷地方気象台(熊谷市桜町)で観測した観測事実を証明する気象証明を発行することになり、手数料として5,000円以上が必要となります。

 保険会社では気象証明までは必要ではなく、熊谷地方気象台で雷を観測した事実が記載されている「地上気象観測原簿(写)」または「ホームページ上での気象データ(次項参照)」を添付すればよい場合がありますので、事前に保険会社にご確認されることをお勧めします。

ホームページ上での気象データの確認方法

 熊谷地方気象台で観測した事実は、この下の日付を選択していただき「検索」を押していただくと、新しいウィンドウが開きその結果が表示されます。
 表示画面の「記事欄」より雷鳴等の観測結果の確認が可能です。この「記事欄」の下に、その見方(記号・強度・時刻の見方)についての説明へのリンクがあります。

熊谷地方気象台の観測結果: JMA
観測結果の見本

気象証明・鑑定が必要な場合

 上記を確認いただいた上で、気象証明または鑑定が必要の場合は、こちらのページをご覧下さい。


問い合わせ先

 熊谷地方気象台 防災担当

 ・電話 : 048-521-5858(平日8:30~17:15)
 ・FAX : 048-521-7933
 ・住所 : 〒360-0814 埼玉県熊谷市桜町1-6-10


このページの一番上へ移動 気象台トップページへ移動
Japan Meteorological Agency