季節現象の観測

季節現象の観測について

ある季節にだけ現れ、その季節を特徴づける大気・地面などの現象(初霜、初雪、初氷)を観測しています。

・寒候年とは「前年8月から当年7月までの期間」をいいます。
 (例)2021寒候年は、2020年8月から2021年7月までの期間です。
・「初霜」と「初氷」の統計開始は1897(明治30)年です。
・2019年2月1日から、雪の観測を「職員による目視観測」から「観測機器による自動観測」に変更しました。
 「初雪」」の最早日、最晩日は、観測方法の変更前後のデータが均質でないため、掲載していません。
 「初雪」の平年値は、観測方法変更前の目視観測データを自動観測相当データで補正した値です。
・下の表の赤線は、観測方法の変更等により、その前後のデータが均質でないことを示します。
 「初雪」の2019寒候年までの値は職員による目視観測によるものです。

季節現象の観測の結果

現象 初霜 初氷 初雪
2021寒候年 11月30日 12月6日 12月25日
2020寒候年 11月29日 11月29日 1月11日
2019寒候年 11月21日 11月21日 1月 9日
2018寒候年 11月17日 11月17日 1月22日
平年値 11月19日 11月24日 12月20日
最早日 1901年10月21日 1897年11月 1日 -
最晩日 2014年12月 2日 2009年12月14日 -

過去の観測結果