熊本県の警報・注意報基準と情報
警報と注意報
台風、低気圧等に伴う暴風・大雨などの気象現象によって災害が予想されるときは、早めに警戒や注意を呼びかけ、災害の予防・軽減をはかることを目的として、「警報」や「注意報」を発表しています。

警報・注意報の発表基準一覧表(熊本県)

参考:全国の警報・注意報発表基準一覧表
気象情報
気象の予報などについて発表する情報をいう場合と、気象庁が保有する情報を総称していう場合とがあります。予報に関する情報は、警報・注意報に先立って注意を呼びかけたり、警報・注意報を発表している間に気象状況の経過や予想、防災上の注意を説明するための「大雨に関する情報」などや、比較的長期にわたる現象について注意を喚起したり、解説するための「少雨に関する情報」などがあります。

大雨警報発表中に、数年に1回程度発生する激しい短時間の大雨を観測、または解析した場合に、「記録的短時間大雨情報」を発表しています。この記録的短時間大雨情報は、熊本県内で1時間に110mmの雨量が観測、または解析した場合に発表します。 この情報は、大雨警報発表中に、より一層の警戒を喚起することを意図しています。

積乱雲の下で発生する竜巻、ダウンバースト等による激しい突風に対して注意を呼びかける気象情報で、雷注意報を補足する情報として発表します。
Q&A
Q.質問 警報と注意報の違いは何ですか?
A.答え 警報・・・重大な災害が発生するおそれがあると予想される場合に発表します。
注意報 ・・・災害が発生するおそれがあると予想される場合に発表します。

Q.質問 乾燥・低温・霜・着氷・着雪注意報では、どのような災害が予想されるのですか?
A.答え 乾燥注意報は、空気が乾燥し火災の危険が予想されます。
低温注意報は、低温のため農作物等の被害が予想されます。
霜注意報は、早霜・遅霜により農作物の被害が予想されます。
着雪・着氷注意報は、着雪・着氷により通信線や送電線等に被害が起きることが予想されます。