ホーム > 天気・気候 > 釧路の四季 > 釧路の霧

ページコンテンツへのスキップ用画像

釧路の霧について

釧路は、霧の街と言われています。本当に霧が多いのでしょうか?

釧路・札幌・東京の霧日数の月平年値比較グラフ。
釧路・札幌・東京の霧日数の月平年値

上のグラフは、釧路・札幌・東京の霧を観測した日数を月ごとに表したグラフです。これによると釧路は、札幌・東京の約20倍ほど多く霧が観測されています。特に6・7・8月は、月の半分以上で霧が観測されるということになります。これをみても釧路は、いかに霧が多く発生しているかわかるでしょう。ただし、日照時間に関して次のようなことも言えます。

釧路・札幌・東京の月別日照時間グラフ。
釧路・札幌・東京の月別日照時間(単位は時間)

上の図は、釧路・札幌・東京の月別の日照時間を表したグラフです。これによると6月は釧路と東京がほぼ同じですが、7月8月の夏の日照時間が札幌・東京に比べ少ないです。ただし、秋から春にかけては逆に、釧路が多くなっています。また、ここには載せていませんが東京を含めた年間合計日照時間は、釧路が約2,000時間なのに対して、札幌・東京は約1,800時間となっています。このことからも、釧路は比較的に太陽の出ている時間が多いといえるでしょう。
それでは、なぜ釧路が太陽の出ていない街のイメージなのでしょうか?おそらく、夏の暑い時期に太陽が出ていることが少ないため、霧と涼しいイメージが印象に残ってしまうと思います。そして、冬の寒い時期に晴天が続いても暖かくない(むしろ寒い)ことが、晴れていてもイメージとして印象に残らないからだと推測します。
日照時間からもわかるとおり釧路は太陽があまり出ないといったイメージは間違といえます。ということで、霧の街 ”釧路”は日の当たる街というイメージを持ってください。


北海道の四季札幌管区気象台ホームページのリンクのアイコン

注)末尾に別へのリンクサイトアイコンが付加されているものは気象庁ホームページ(https://www.jma.go.jp/)札幌管区気象台ホームページ内のページへのリンクです。

このページのトップへ
Adobe Reader
このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は上のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。