ホーム > 業務案内 > 沿革及び組織> 業務・危機管理官室及び防災管理官室の仕事

業務・危機管理官室の仕事

(勤務時間 平日08時30分~17時15分)
会計、庶務に関することを担当しています。


防災管理官室の仕事

(勤務時間 平日08時30分~17時15分)

1.気象災害等の防止

防災に関する調査、自治体や報道機関などへの防災気象情報の利用の普及、関係行政機関との防災に関する連絡・調整などを行っています。

2.調査・統計

気象・気候に関する調査、統計、及び気象資料の整理・保管を行っています。

3.農業気象

気象に起因する農業災害の防止や軽減、農業生産性の向上を図るため、関連気象情報・予警報の提供及び農業気象速報等の定期刊行物の発行を行っています。

4.気象証明・鑑定、資料閲覧、広報

気象等に関する事実についての証明及び鑑定、資料の閲覧、文書等による資料照会の回答を行っています。
  • 気象証明・鑑定について詳しくはこちら
  • 気象資料閲覧について詳しくはこちら
  • 広報について詳しくはこちら

5.地域気象観測(アメダス)

島根県内の地域気象観測所及び地域雨量観測所の維持管理、観測資料の整理を行っています。
各観測所で使用する測器は、以下のとおりです。
  • 地域気象観測所:有線ロボット気象計・有線ロボット積雪深計
  • 地域雨量観測所:有線ロボット雨量計
観測所の種類 使用測器 観 測 要 素 設置数
地域気象観測所 有線ロボット気象計 風向・風速,気温,降水量,日照時間 13
有線ロボット積雪深計
(有線ロボット気象計に併設)
積雪の深さ
地域雨量観測所 有線ロボット雨量計 降水量

6.生物季節観測

生物に及ぼす気象の影響を知るとともに、その結果から総合的な気象状況の推移を知るために、植物(12種目・16現象)および動物(14種目・14現象)についての状態が季節によって変化する現象の観測を行っています。生物季節観測種目はこちらです。

7.部外観測施設

気象庁以外の機関が行う気象観測施設の設置等の届出および観測に関する技術や観測成果の利用等について指導を行っています。