ホーム > 業務案内 > 沿革及び組織> 観測予報管理官室の仕事

観測予報管理官室の仕事

1.予報及び警報等業務

(1)島根県天気予報

 島根県を東部・西部・隠岐に分け、それぞれの区域を対象に天気予報(風、天気、波、気温、降水確率等)や地域時系列予報を発表しています。毎日5時に今日・明日、11時・17時に今日・明日・明後日の天気予報を、また毎日5時・11時・17時に天気分布予報を発表しています。天気が急変したときには随時天気予報を修正して発表します。

(2)島根県週間天気予報

 毎日11時・17時に向こう1週間の天気予報(天気、最高・最低気温、降水確率等)を発表しています。

(3)警報・注意報及び気象情報

 警報・注意報は県内の市町村を対象として、注意報は災害が発生するおそれがあると予想される場合に、警報は重大な災害が発生するおそれがあると予想される場合に、特別警報は重大な災害の危険性が著しく高まっている場合に、それぞれの基準により発表しています。特別警報について詳しくはこちらをご覧ください。
 気象情報は県内全域を対象として、注意報・警報の未発表時の予告的な情報、注意報・警報発表時に最新データ等を加えて補完する情報、記録的な短時間の大雨を観測したときにより一層の警戒を呼びかける情報、さらに日照不足など社会的に影響の大きな天候に関する情報などを発表しています。

(4)指定河川洪水予報

 指定河川洪水予報は、河川の増水やはん濫などに対する水防活動のため、あらかじめ指定した河川について、区間を決めて水位または流量を示した洪水の予報として発表しています。
 島根県では、国土交通省と共同で斐伊川・神戸川・江の川下流・高津川・匹見川を、島根県と共同で飯梨川・周布川・益田川を対象としています。

(5)土砂災害警戒情報

 土砂災害警戒情報は、大雨による土砂災害発生の危険度が高まったとき、市町村長が避難勧告等を発令する際の判断や住民の自主避難の参考となるよう、市町村を対象に島根県と共同で発表しています。

2.観測業務

(1)地上気象観測

 島根県内では、松江、浜田、西郷の3か所において、気圧、気温、湿度、風向、風速、降水量、積雪の深さ、降雪の深さ、日照時間、日射量、雲、視程、大気現象等の観測を行っています。

(2)地震・津波観測

 島根県内では71か所(気象庁10か所、島根県53か所、防災科学技術研究所8か所)の観測点で震度を観測しています。また、震源やマグニチュードを計算したり、緊急地震速報に利用するため、21か所(気象庁5か所、防災科学技術研究所16か所)で地震波を観測しています。
 島根県内の浜田及び西郷の2か所の検潮所に津波観測計を設置して、地震による津波が発生したときの津波の高さを観測をしています。

(3)気象レーダー観測

 島根半島の三坂山に気象レーダーを設置して、24時間連続して雨雲の位置や強さを観測しています。気象レーダーは全国に20か所設置されており、取得した観測データを用いて合成資料を作成し、雨雪などの気象現象を把握することができます。

(4)潮汐観測

 島根県内の浜田及び西郷の2か所に検潮所を設置して、潮位、満干潮及び副振動の観測を行っています。

(5)高層気象観測

 松江において、毎日9時・21時(日本時間)の2回、水素をつめたゴム気球に観測器材(GPSゾンデ)をつけて飛揚し、上空約30kmまでの気象(気圧、気温、湿度、風向・風速)の観測を行っています。高層気象観測は、松江を含む全国16か所の気象台・測候所で、世界では約800か所で同時刻に観測を行っています。
 また、浜田にウィンドプロファイラ(全国に33か所)を設置し、10分毎に最大で上空約9kmまでの風向・風速を観測しています。