天気の部屋

ここでは、私たちの身のまわりに起こっている様々な自然現象がどのような仕組みによって発生しているのか、人々に被害をもたらすような現象から身を守るために気象台がどのような情報を発表しているのかを知ることができます。

フェーン現象

 水蒸気を含む空気が山を越えたときに、山の風下側の気温が上昇する現象をフェーン現象といいます。

フェーン現象の発生要因

 水蒸気を含む20℃の空気塊が、太平洋側から海抜2000mの山を越え、日本海側に吹き降りる場合を考えます。このとき、太平洋側の山を上昇する空気塊は、海抜1000mで飽和に達すると仮定します。この後、この空気塊がさらに上昇すると、雲が発生し、山の斜面に雨が降ることで、水蒸気を失います。

 太平洋側の斜面を上昇するときに、空気塊が飽和に達する前と後では、空気塊の温度はどう変化するでしょうか。また、その理由はなぜでしょうか。そもそも、飽和に達する前と後の違いは何でしょうか。飽和に達する前では上昇しても、空気塊に含まれる水蒸気は水蒸気の状態(気体)を維持できますが、飽和に達した後に上昇すると、維持できず、水滴(液体)になります。そのため、飽和に達した後は、気温が下がりにくくなります。空気塊が飽和に達する前は100mにつき約1.0℃ずつ気温が低くなり、飽和に達した後は100mにつき0.5℃ほど気温が下がるとします。今、図1のように、太平洋側の海抜0m地点にある20℃の空気塊が海抜2000mの山を越え、日本海側に吹き降りる場合を考えます。太平洋側の海抜1000m地点では、空気塊の気温は100mにつき約1.0℃ずつ気温が下がるので、10℃になります。その後、山頂までは、100mにつき0.5℃ほど気温が下がるので、山頂では5℃になります。また飽和後には、太平洋側の斜面で雨を降らせ、多くの水蒸気を失っていますから、100mにつき約1.0℃ずつ気温が上昇し、日本海側に吹き降ります。そして、海抜0mに達したとき、気温は25℃となります。したがって、空気塊が山を越える前の太平洋側の気温と、山を越えた後の日本海側の気温を比べると、日本海側の方が気温が高くなります。このように、フェーン現象は、空気塊が山を上昇するときと下降するときの気温の減少率の違いによって、生じます。

フェーン現象のメカニズム

図1フェーン現象により日本海側で高温となる仕組み

フェーン現象に関する気象情報と災害

 フェーン現象が発生したときに、空気が乾燥します。乾燥しているときに、強い風が吹くと、火災が起きやすいばかりか、仮に火災が発生したときに、強風により火が燃え広がりやすく、大火となることがあります。実際に、1952年4月17日に鳥取市でフェーン現象が発生したときには、鳥取市の約3分の2が焼失し、5000世帯余りが被災しました。気象台では、フェーン現象などにより空気が乾燥すると予想されるときは「乾燥注意報」を発表し、強風が予想されるときは「強風注意報」を発表しています。このため、特に「乾燥注意報」と「強風注意報」が同時に発表されたときには注意して下さい!!