水戸地方気象台トップへ サイトマップ リンク集 
水戸地方気象台Top >> 生物季節観測について
生物季節観測

生物季節観測は、植物および動物の状態が季節によって変化する現象について行う観測で、生物に及ぼす気象の影響を知るとともに、その観測結果から季節の遅れ進みや気候の違いなど総合的な気象状況の推移を知ることを目的としています。
植物については、開花や発芽、紅(黄)葉などの観測を、動物については、初見や初鳴の観測をしています。

用語の説明
開花(日) 花が数輪以上開いた日
発芽(日) 葉になる芽の総数の約20%発芽した日
満開(日) 約80%以上の花が咲きそろった日
紅(黄)葉(日) 葉の色が大部分紅(黄)色に変わり、緑色系統の色がほとんど認められなくなった日
落葉(日) 葉の約80%以上が落葉した日
初見(日) その動物を初めてみた日
初鳴(日) その動物の鳴き声を初めて聞いた日



お問い合わせ・ご連絡はこちらから


このページの一番上へ移動 気象台トップページへ移動
Japan Meteorological Agency