台長挨拶

台長の写真

宮古島地方気象台長
林 和彦

 宮古島地方気象台ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
 宮古島地方気象台は、1937年10月28日(昭和12年)にこの地で観測を開始して以来、80年以上にわたって、台風や集中豪雨、地震津波などの自然現象を監視し、警報などの防災気象情報を発表してまいりました。この間、とくに台風については、「宮古島」を冠した1959年宮古島台風(サラ)、1966年第二宮古島台風(コラ)、1968年第三宮古島台風(デラ)は、宮古島地方に大きな被害をもたらしました。また、2003年第14号台風(マエミー)による暴風被害は、みなさまの記憶に新しいかと存じます。
 気象災害から身を守り、避難などの適切な行動をとるためには、最新の防災気象情報の利用は不可欠です。警報・注意報をはじめ、土砂災害・浸水害の危険度の高まりを1kmメッシュ、10分ごとに地図上に色分け表示する「キキクル(危険度分布)」など、重要なこれらの情報は、気象台のホームページ「最新の情報」からご覧いただけます。2021年2月のリニューアルに伴い、「あなたの街」の各コンテンツは、ご利用いただく方の用途に応じてカスタマイズできるようになりました。ぜひ、「あなたの街」に、「宮古島市」「多良間村」を登録いただき、当台のホームページを使いこなし、防災・減災にお役立てください。
 宮古島地方気象台は、気象災害から身を守る判断の手助けとなるよう防災気象情報を適時適切に発表するとともに、それらの情報を有効に使っていただけるよう関係機関と連携して地域の防災力の向上に一層貢献して参ります。 引き続き、宮古島地方気象台の業務への皆様方のご理解とご高配を賜りますようお願い申し上げます。

(令和3年4月1日)