地上気象観測


「暑い・寒い」や「風が強い・弱い」など日常生活の中で感じる現象がありますが、これらの気温や風向風速・降水量などの現象を観測するのが地上気象観測です。地上気象観測装置により自動的に観測・記録する器械観測と人間が実際に目で見て記録する目視観測があります。

・器械で観測する項目
 気圧、気温、湿度、風向風速、降水量、日照時間、日射量など

・目視で観測する項目
 雲の量や型、視程など、雷や霧などの大気現象


・観測に使用する施設
データ処理部 10型地上気象観測装置

露場や測風塔に設置されている機器からデータを受信し、観測値を表示・保存する装置です。
測風塔 測風塔

風向風速計、日射・日照計などを設置する建物で、見通しがよく他の建物の日影に入らないように造られています。
露場(観測機器を置く場所) 露場

雨量計などの観測機器を設置する場所で、他の建物の影響を受けないように造られています。
風車型風向風速計 風車型風向風速計

風の向きと速さを測ります。
感雨器 感雨器

雨の「あり・なし」を感知します。
日射計 日射計

日射量(太陽から放射されるエネルギー)と日照時間を測ります。
雨量計 雨量計

雨の量と強さを測ります。
日照計 日照計

日照時間を測ります。
気温・湿度計 気温・湿度計

気温と湿度を測ります。
気圧計 気圧計

気圧(大気の圧力)を測ります。

気象庁では、気象観測を行うための参考資料を作成しています。機器の設置環境などを選定するのに有用な事項を掲載していますので、ご利用ください。(題名をクリックすると気象庁のホームページへリンクします)

気象観測ガイドブック 
専門的な知識を前提としない分かりやすい内容です。

気象観測の手引き(PDF) 
気象ガイドブックより専門的で詳しい内容です。なお、PDFファイルが約2.4MBと大きいのでダウンロードしてからのご利用をお勧めします。


トップページに戻る