室蘭地方気象台

〒051-0012
室蘭市山手町2丁目6-8

お問い合わせ

ホーム>沿革・組織

沿革

大正11年(1922年)7月  室蘭測候所の設置が北海道庁により告示されました。
大正12年(1923年)1月  室蘭市緑町1番地において業務を開始しました。
昭和14年(1939年)11月 室蘭測候所は国営に移管されました。
昭和27年(1952年)1月  現在地(室蘭市山手町2丁目)に移転しました。
昭和32年(1957年)9月  地方気象台に昇格しました。
昭和60年(1985年)6月  新庁舎(現庁舎)での業務を開始しました。

組織

室蘭地方気象台は気象庁の地方支分部局の1つとして、札幌管区気象台の所掌事務の一部を分掌し、胆振および日高の両地方を管轄区域としています。

気象庁の組織

トップページへもどる