室蘭地方気象台

〒051-0012
室蘭市山手町2丁目6-8

お問い合わせ

ホーム>室蘭地方気象台長からのメッセージ

過去のメッセージリストへ

室蘭地方気象台長からのメッセージ


皆さま、こんにちは。
室蘭地方気象台のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
台長の 橋本 勲 (はしもと いさお)です。


 気象庁は、自然災害の防止・軽減や産業の興隆等を使命とし、24時間365日、防災気象情報等を国民の皆さまに提供しています。その中で、私ども室蘭地方気象台は、一級河川の鵡川・沙流川、活火山の有珠山・倶多楽・樽前山などのある胆振・日高地方を管轄しており、地元住民の皆さまや当地を訪れる方々の安心・安全のために日々の業務にあたっております。


 近年、全国各地で雨の降り方が「局地化」「集中化」「激甚化」しており、毎年のように日本のどこかで大きな被害が発生しています。さらに、当地においても、平成30年9月6日に発生した「平成30年北海道胆振東部地震」により、北海道で観測史上初となる震度7の激しい揺れに見舞われ、大規模な土砂崩れが発生するなどして、多くの尊い命が奪われてしまいました。亡くなられた皆様のご冥福をお祈りするとともに、被害にあわれた方に心よりお見舞い申し上げます。


 残念ながら、我々人間の力では、台風、大雨、暴風雪、地震、津波、火山噴火等の自然現象を止めることはできません。しかしながら、住民の皆さま一人ひとりの日頃からの備えにより、被害を軽減させることはできます。 台長写真
 気象台は、皆さま一人ひとりが事前の対策が取れるよう、防災気象情報等の提供、防災知識の普及啓発等に関係機関と協力しながら取り組んでまいります。


 自然豊かで住みよい地域を、力をあわせて守っていきましょう。


       平成31年4月
       室蘭地方気象台長 橋本 勲

トップページへもどる