長野県の気候 [長野地方気象台 TOPへ]

1 長野県は海岸から遠く離れた内陸に位置していることから、全県的に内陸特有の気候が明瞭となっています。
  一日のうちで最も高い気温と、最も低い気温との差(日較差といいます)、一年のうちで最も高い月の平均気温と、最も低い月の平均気温との差(年較差といいます)が海岸地 方に比べて大きく、湿度が低いことがあげられます。また、一年に降る降水量も少なく、特に長野盆地から上田・佐久盆地にかけては、北海道東部についで雨の少ない地域となっています。
2 長野県は、冬に積もる雪の深さに気候の違いがはっきりと現れます。北部は季節風の影響で雪の日が多く、中部や南部の平地は季節風が山脈を越えてくるため、空気が乾燥し、晴れの日が続くことです。
 季節風:季節によって特有な風向を持つ風です。
3 標高の高い地域では、山地自体の高さに伴う気温の低下によって山岳地帯特有の気候を作り出しています。
 気候の特徴は、平地に比べて気温、気圧、湿度が低く、太陽からの日射のエネルギ-量も多くなります。風も平地に比べて強くなります。
4 平地といわれている地域の多くが盆地のため、盆地特有の気候が現れます。
 盆地は夜間に低温となるため、昼と夜の気温の差が大きくなります。
 気候:「ある地点、あるいはある地域で、一年を周期として毎年決まった順序で繰り返され、最も起きる確率の大きい大気の状態である」といわれています。

気候の要素別特徴

1 気温
 気温の高低は、緯度と標高及び地形などに影響されます。長野県は南北に約2度の緯度差がありますが、地形が複雑なために気温の分布はおおむね標高によって決まります。
 長野県のような内陸では、海(海風)の影響が少ないため、気温の日較差や年較差が大きくなっています。
 冬は海岸地方に比べると著しく気温が低く寒さが厳しくなりますが、3月から5月にかけては急速に気温が上がり、海岸地方との差はあまりなくなって、春の暖かさが足早に訪れます。
 夏は海岸地方と同じかそれ以上の暑さとなりますが、9月からの気温の下降は急激で次第に海岸地方との気温差が大きくなっていきます。
 一年のうちで最も高い月の平均気温と、最も低い月の平均気温との差(年較差)は、長野では25.8℃もあり、これは北海道の内陸部(旭川では28.6℃)に次いで大きな値となっています。

2 降水量
 日本は世界でも有数な雨の多い国ですが、長野県の北部や中部の盆地では東日本の太平洋側、北海道および瀬戸内海と並ぶ年間1、500mm以下の雨の少ない地域となっています。
 これは、海から遠く離れており周囲を山脈に囲まれているため、台風、低気圧、前線などの影響を比較的受けにくいという内陸気候の特徴のためです。

主な地点の平年の年間降水量(統計期間は1981~2010年)
野沢温泉 1881.3mm 飯山 1446.4mm 長野 932.7mm
小谷 1995.2mm 白馬 1904.7mm 上田 890.8mm
佐久 960.9mm 軽井沢 1241.7mm 野辺山 1439.9mm
松本 1031.0mm 諏訪 1281.0mm 奈川 1962.3mm
開田 2065.4mm 木曽福島 1884.9mm 南木曽 2491.6mm
辰野 1420.9mm 飯島 2007.2mm 杉島 1506.5mm
飯田 1611.5mm 浪合 2581.8mm 南信濃 1814.0mm
 日照  内陸は空気が清浄で雲ができにくいため、長野県内の日照時間は全国的にみても多くなっています。  平年の年間日照時間は、長野地方気象台では1939.6時間ですが、諏訪が2119.8時間、松本が2097.5時間と瀬戸内海と並んで日照時間の多い地域です。 県北部の日照時間が少ないのは冬の季節風の影響で雲が多く、雪が降りやすいためです。

 4 
 長野県は 3,000m 前後の山脈に囲まれているので、盆地では風が弱くなっています。しかし、内陸部では日中に局地的な「熱的低気圧」が発生し、ところによっては「谷風」が強まり、特に昼過ぎから夕方頃まで7~8m/sの風の吹くところがあります。
 冬には気圧が西で高く東で低い「冬型の気圧配置」が続くため、北よりの風となります。夏は太平洋高気圧から吹く南よりの風が多くなります。しかし、県内は地形が極めて複雑なために、川や谷の走向に沿った風の向きとなり、その地域で特有の強い風となることもあります。また、強い風の吹く回数が多くなるのは、3月~4月の春先です。

 北部で強い風が吹くときは、「寒冷前線」が通過した後の北の風や日本海の低気圧に吹き込む西南西~南の風です。また、北海道の東海上に高気圧があって、西日本から低気圧が進んでくるときには、千曲川沿いの上田から信濃町にかけて南よりの強い風が吹きます(諏訪では南東の風が強まります)。
中部では、冬の季節風により諏訪の西北西の風が著しく、県内での強い風が最も多いところです。松本も日本海の低気圧などで南の風の強く吹くところです。
 南部は北部、中部に比べて強い風になる割合は少ないですが、伊那は冬型の気圧配置や日本海の低気圧で強い風の吹く所です。

 熱的低気圧:日中盆地の地面の温度が上がると地面付近の空気も暖められて、膨らんで(膨張)軽くなるため、そこでの気圧は低くなります。このように熱的な影響で低気圧が発生します。
 谷風:日中に谷の斜面が暖められると、その同じ高さの周りの空気よりも暖かくなって軽くなるので、斜面の空気は上昇し、そこの空気を補うように、斜面をはい上がる空気の流れが生じて吹く風です。
 寒冷前線:冷たく重たい空気が、暖かい空気の下にもぐり込み暖かい空気の方へ移動する前線です。暖かい空気は急激に押し上げられるので、そこでは強い上昇する空気の流れが起きて背の高い雲に発達し、にわか雨や雷を伴います。
 おろし:山を越えた空気の流れが、風下側の麓で強い風となるのを「おろし」といい、風が吹き下りることによって、気温が上がれば「フェ―ン現象」、寒くなれば「ボラ現象」と分けています。しかし、晩秋から冬の寒気の吹き出しによる風下側の強い風を、一般には「おろし」と言っています。
長野県の春の特徴
長野県の夏の特徴
長野県の秋の特徴
長野県の冬の特徴

長野地方気象台のトップページへ戻る